ロマンス座カド、クラウドファンディング目標の215%達成。ありがとうございました。

ご支援いただいた皆様、ありがとうございました。

皆様のおかげで当初目標を超えて215%達成し、延べ188名の方から2,159,000円の支援をいただくことができました。ご支援いただいただけでなく、SNS等でのシェアにもご協力いただきまして、ありがとうございました。

クラウドファンディング成功

■クラウドファンディングにより、皆さんから心強い応援の声をいただいたことで、この事業をより成功させたいという気持ちが益々高まりました。machimoriのスタッフ一同、心から感謝いたします。

応援コメントをいただいた 青木 純さん、 宮崎 晃吉さん、 古田 秘馬 さん、 小野 裕之さん、男の料理 錦の 小林譲治さん、 Hyggeあたみらへんの国分美由紀さん、ありがとうございました!

■ここまで、企画PRで関わってくれてきた水野綾子、そしてクラウドファンディングを担当してくれた岡田良寛、そして、当初の企画段階からアドバイスをいただいた木下斉さんや、CAMPFIREの照井さんのお力添えがあって実現することができました。ありがとうございました。

この宿の企画は昨年の丸の内朝大学の「週末ローカル再発見クラス」の起業コースで生まれた企画をその後ブラッシュアップし、形となったものです。きっかけをいただいた丸の内朝大学の皆さんにも感謝するとともに、そのコースに参加し、その後ずっとこの企画に携わってくれている渡邉沙絵子さんにも心から感謝します。

■またここまで支援いただくことができたのも、この4年間運営していたguest house MARUYAが支持をいただき応援してくださる方々が多くいてこそと思っています。いつもguest house MARUYAを応援してくださっている皆さん、ありがとうございました。そして、そんなguest house MARUYAを現場で日々支えているスタッフのみんなにも心から感謝しています。いまいるスタッフも卒業していったスタッフも、一人ひとりの現場での想いと働きによってこそやってくることができました。このロマンス座カドの運営もそんなguest house MARUYAのスタッフが中心となり運営していきます。


■今後についてですが、ようやく工事にも入ることができていまして、9月後半のオープンに向けてこれから準備を進めています。guest house MARUYA 女将でもある豊田ちほを中心に準備を進めていきます。

内装のデザインをHAGI STUDIO、工事の施工を睦月建築工芸、ロゴ等のメインビジュアルではutymme、WEBデザインをhala9000, パンフレットのデザインは sonohausの各方々にお願いしており、つくっていっています。
またこのクラウドファンディングのリターンでも紹介したような方々や熱海の街の方々とは今後のソフトコンテンツを共につくっていけたらと思っています。
ぜひ、お楽しみにお待ちください。

■このプロジェクトはこのクラウドファンディングが終わってからこそが始まりです。ぜひ引き続き、よい宿をつくれるよう、(現場で働くmachimoriのスタッフの励みになるよう)お褒めのことばや、いいね!というコメントをいただいたり、あるいは、至らぬ点もありましたら忌憚のないフィードバックもいただけたら嬉しいです。今後も皆さんと一緒につくりあげていけたらと思っています

今後もCAMPFIRE上でも活動報告は更新していきますので、引き続きご覧いただけたら嬉しいです。
https://camp-fire.jp/projects/178684/activities#menu

それではこれからもどうぞよろしくお願いします!

JUGEMテーマ:地域/ローカル



at 10:29, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark



熱海がいいなと思ってもぶつかる移住や二拠点居住の壁と、それを乗り越えるための入り口

今週、保健所に行ってきました。9月に旅館業の申請するにあたっての確認をしてきました。こうした一つひとつの過程を経ていくと、段々とオープンする実感が湧いてきます。



■「移住、二拠点居住したい」・・・けれど直面する課題ここ10数年、熱海で活動をしていると、嬉しいことに、熱海に移住したいとかセカンドハウスとしての拠点を持ちたいというご相談をいただくことも多々あります。すぐにスムーズに物件も見つけ、コミュニティに溶け込んでいくことができる方もいれば、なかなかうまくいかなかった方もいます。



悲劇なのは、賃貸ならまだしも、物件を購入してしまったものの住んでみるともっと別の場所の方がよかったということや、望んでいたものと違った、コミュニティに馴染めないと言った理由で、また数年すると熱海を離れていってしまうといったことです。



これまで様々な方にヒアリング調査もしてきましたが、移り住んでからコミュニティに溶け込もうとすることよりも、先に熱海のコミュニティに出会い、その後に物件も決まり移住する、という方の方が間違いがないということもわかりました。



■そんな移住や二拠点居住の入り口

そこで、今回、熱海に定住や二拠点の拠点を持ちたいと興味を持っていただいた方向けにリターンも企画しました。

「くらし体験付き宿泊コース」街中で日常体験できる半日コース
https://camp-fire.jp/projects/178684/backers/new?id=248626

「くらし体験ツアー付き宿泊コース(終日)」
https://camp-fire.jp/projects/178684/backers/new?id=248627


この案内をするのは中屋香織さん。元々は東京にいて、不動産のセレクトショップとも言える「東京R不動産」などで働いていた中屋さんは2年前に熱海に移住してきました。
中屋さんが発信する熱海暮らしについてはこちらをご覧ください。
https://note.mu/kaorinakaya


■ご自身の経験から移住、だけでなく、理想とする暮らしを実現するためのサポートをする中屋さん

この中でも、中屋さんは家探しのご自身の経験からもこのようなことを書いています。

「私は長い時間をかけてもがきながら乗り越えましたが、移住先を色々と検討している当時の私が知りたかったことは、『その街でどんな暮らし方ができるのか』『実際にどんな人が住んでいてどんな日常を過ごしているのか』というリアリティある情報だったなと思います。」



だからこそ、いまは熱海で物件を探すだけでなく、どのような暮らしをしたいか、それがどう実現できるのか、ということの相談に乗るライフスタイルデザイナーというお仕事をしています。



中屋さんはこんなことも書いています。

「必要なのはたくさんの物件情報ではなく、自分がどんな日常を送れるのか(どんな日常を送りたいのか)という理想のライフスタイル(暮らし方)の具体的なイメージを想像するための情報なのです。つまり、必要なのはたくさんの物件情報ではなく、自分がどんな日常を送れるのか(どんな日常を送りたいのか)という理想のライフスタイル(暮らし方)の具体的なイメージを想像するための情報なのです。」



この2つのリターンでは、物件を見学すること以上に、こうした相談を受けたり、先に熱海に移住してきた方に出会いコミュニティに入るきっかけづくりとなったり、とそんなことを盛り込んでいます。



私たちが思うことは、熱海に移住してください、二拠点してください、ということよりも、あなたの暮らしにとって熱海がいいと思ったら「熱海をつかってください」ということです。自分の理想とする暮らしを実現するために「熱海をつかって」もらえたら、嬉しいです。





■その他リターンには、別荘を所有しなくても、こうした場所をつかって熱海に繰り返し通ってもらえたらと思ってのリターンです。



定期的に熱海に通う個人向けの、

【熱海を繰り返し堪能するコース - 年間個人会員権(平日使える通常版)】

https://camp-fire.jp/projects/178684/backers/new?id=245243



平日だけでなくいつでも使えるコース

【熱海を繰り返し堪能するコース - 年間個人会員権(全日使える完全版)】

https://camp-fire.jp/projects/178684/backers/new?id=245251



などです。



私たちはこのように、観光でもない移住でもないその間のグラデーションある多様な暮らしができる環境づくりをこうしたプロジェクト一つひとつを通してつくっていけたらと思っています。

https://camp-fire.jp/projects/view/178684

JUGEMテーマ:地域/ローカル



at 09:14, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark



新たな時代の「都会と地方の関係」「企業と働き手の関係」を熱海をつかって考える

先日もご案内させていただきました、クラウドファンディングですが、お陰様で、目標を達成することができました。ありがとうございました。
これまで毎年のように新たな事業を行ってきていますが、新たなプロジェクトを始めるとその都度新たな課題もでてくるもので、何事も順風満帆にはいかないことを実感する日々です。でも、これがチャレンジしているからこそだと前向きに捉えながらやっていきたいと思っています。
しかし、この事業に関しても、ようやく金融機関の融資審査も通りまして、9月中旬頃にはまた熱海銀座にて宿のプレオープンができる予定です。

【脱・観光地宣言】熱海に“暮らす”ように泊まれる宿「ロマンス座カド」をつくります
https://camp-fire.jp/projects/view/178684

クラウドファンディングもさらなる目標を設定し、8月11日まではご支援いただくパトロンさんを募集していますので、ご興味ありましたらこちらお読みいただければ嬉しいです。

脱・観光というと地元の観光に携わる方からは「観光地熱海をつぶす気か」とも言われましたが(笑)、テーマパーク化した観光地では未来はなく、観光から定住までの間のグラデーションある暮らし方ができる街こそがこれからの時代大事なのではないかと思っています。訪れる人も地域で暮らす人も疲弊する消費型の観光でなく、訪れる人にとっても地域にとってもwin-winへ。それが目指す姿です。



今回のお知らせでは、こんな「脱・観光」をテーマにしたトークイベントや、そして企業さんとのコラボレーション・プロジェクトや、「働き方」「働かせ方」をテーマにしたATAMI2030会議のご案内などをお送りします。

都会と地方の関係、企業と働き手の関係も新たな時代のあり方を模索し、それを熱海という場をつかっていい形で実験できたらと思っています。そんなことに関連したお知らせです。

JUGEMテーマ:地域/ローカル



続きを読む >>

at 13:09, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark



machimoriのWEBサイト、リニューアル

熱海のまちづくりに取り組んでいる、僕ら株式会社machimoriのWEBサイトをリニューアルしました。

WEBのリニューアルは、 水野 綾子 (Ayako Mizuno)にディレクションしてもらえたことで、わかりづらい僕らmachimoriの事業をわかりやすくお伝えできる内容になったかなと思っています。今後順次、掲載するコンテンツは少しずつ増やしていきたいと思います。

http://machimori.jp/

一度、見ていただけたら。

JUGEMテーマ:地域/ローカル



at 12:41, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark



7/7-8 Startup Camp in ATAMI開催! 〜「住みたい街、関わりたい街で、仕事をつくる」を体感する2日間〜

熱海をつかって、自らのテーマで事業を起こす、
あるいは、エリアをリノベーションする事業を生み出す。
この7月、そんな2日間のプログラムを開催します。

Startup Camp in ATAMI (7/7sat・8sun)
「住みたい街、関わりたい街で、仕事をつくる」を体感する2日間
http://renovation-atami.net/2018/06/13/sca-2/


これまで熱海では創業支援プログラム99℃やリノベーションスクールを開催するなど、街に新たな事業、仕事を生み出すことをサポートしてきました。今回はそれを2日間にぎゅぎゅっと凝縮した短期間のプログラムです。
熱海はすでに2050年の日本の姿と言われるほどの課題先進地域。ただ、逆にそれらをチャンスと捉え、より豊かな暮らしを創りあげる仲間が増えています。

【こんな人におすすめ】
・「起業するっていう感覚はないけれど、自分の活動をなんとか持続可能なものにしたい」
・「事業のプランはないが、まちづくりに関わりたい。」
・「新規事業を考えたいので、経営者からのアドバイスが欲しい。」
・「自分が動くためのアイディアもあるが、何から手を付ければよいか分からない」

メンターには、ATAMI2030会議の座長でもあり、リノベーションまちづくりの生みの親、清水義次さんなど。
http://renovation-atami.net/2018/06/13/sca-2/

参加の申込み期限は6月25日(月)です。
※選考もあり、応募フォームに書く内容も少し分量ありますので、お早めに申し込みフォームもチェックください。


ーStartup Camp in Atami 概要ー
【開催日時】2018年7月7日(土)ー8日(日)
【会場】naedoco atami collaboration workplace
(静岡県熱海市銀座町6-6 サトウ椿ビル 2F)
【参加費】15,000円(懇親会費含む)
【講義内容】2コースに分かれてのレクチャーと実践
【開催コース】
.螢離戞璽轡腑鵑泙舛鼎りコース
熱海に実際にある不動産を題材として、2日間でその物件の活用アイディアを、物件エリアを俯瞰するまちづくり的観点と、しっかりと数字から考える事業的観点の両方から考え、最終的には事業プレゼンまで行います。
⊆分のテーマでの事業化コース
それぞれが「熱海でやってみたい」と考えているプロジェクトを持ち寄り、ワークショップやメンター(アドバイザー)の個別相談、実際のリサーチやヒアリングを通じて、自分がやりたくても実現が出来ていない課題を乗り越え、実現に向けた1歩を踏み出します。
※コースは希望性となっておりますが、選考会の過程でコース変更を事務局からご提案させていただくケースもございます。


【主催】熱海市
【共催】(株)アフタヌーンソサエティ、(株)machimori


JUGEMテーマ:地域/ローカル



at 11:21, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark



本日、書籍「熱海の奇跡」発売しました

本日、僕にとって初めて出す書籍「熱海の奇跡」が発売になりました。多くの方から予約した!という声をいただいていて、本当に嬉しいです。ありがとうございます!

熱海のまちに関わる方々には僕らがどんなことを思い、どんなことになぜ取り組んできたのか知っていただけたら嬉しいです。

そして、熱海でなくても他の地域でまちづくりや、地方で何かチャレンジをしようとしている方々にも、読んでもらえたらと思っています。

どのように地域の方々と、まちづくりを進めてきたか?ということを成功したことばかりではなくいろんな課題や障壁にぶつかり合いながらも続けてきた、この現場で起きていたことを知ってもらえれば嬉しいです。

6月13日にはnaedocoにて、出版記念のイベントも開催予定です。当初の頃からまちづくりを一緒に取り組んできた方々などこの本に登場する方々もお招きし、トークイベントを開催するy亭です。

また、当日は、熱海での創業支援プログラムの今期の動きなどもお知らせしたいと思います。
詳細はまたお知らせしますが、ご興味ある方、お越しいただけたら!

ぜひご興味あれば、本を読んでいただき、感想もいただけたら嬉しいです。


JUGEMテーマ:地域/ローカル



at 10:30, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark



インターン生募集!「2030年の地域をつくる起業家を生み出すチャレンジ』

インターン生募集!

「2030年の地域をつくる起業家を生み出す』
NPO法人atamistaでは、「創業支援プログラムを企画・運営し、10名以上の起業家を生み出すことにチャレンジする」大学生のインターン生を募集します。
https://drive.media/intern/job/20491

NPO法人atamistaでは2011年からこれまでに17名のインターン生を受け入れてきました。半年以上の本気のインターンです。休学して参加する学生も多くいました。

インターン生が担うのは新規事業の立ち上げや、重要事業のメインスタッフ。本気で関わるからこその学びと成長があります。

今回のインターン生のミッションは、熱海に起業家を生み出すチャレンジです。
今期も4ヶ月間の創業支援プログラム99℃〜Startup Program for ATAMI2030〜を開催します。(起業したい方の募集は6月末から開始予定です)
その中核を担う一人として参画してもらいます。

NPO法人atamistaでのまちづくりの現場を担うインターンに興味のある方、ぜひご応募を。また身近にそうした学生がいるという方、応募をおすすめしてもらえたら嬉しいです。

まずは、こちらの募集要項、読んでいただけたら。


JUGEMテーマ:地域/ローカル



at 12:22, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark



本「熱海の奇跡」出版します

本を出版することとなりました。
これまで10年以上、取り組んできた熱海のまちづくりのことを書いています。

気づけば、やはり熱海のまちづくりを何らか取り組もうと思い動き始めて12年が経とうとしています。

この本では
・僕がなぜそのように、まちづくりに人生をかけるようになったのか
・この12年間、何のために何をしてきたのか
・僕がこうしてやってこれた背景にはどんな環境があったからなのか
・そして何を大事にし、これからどこに向かうのか
そんなことを書きました。

僕らの活動は一見するだけでは、わかりづらいこともたくさんあるかなと思います。この本ではできるだけ一つひとつのプロジェクトがどうやって生まれ何が起こっていたのかなども書いています。大変だったことやぶち当たった壁も含めて。

興味ある方、読んでいただけたら嬉しいです。

6月1日発売。amazonで予約開始しました。



at 14:44, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark



3月21日、小山臨海公園の指定管理報告会開催

【ご参加ください】小山臨海公園の指定管理報告会
この3月末で僕らNPO法人atamistaが5年間、管理運営をしてきた、南熱海の小山臨海公園・南熱海マリンホールの管理期間が終わります。今後は熱海市体育協会を中心としたReTASプロジェクトさんが管理運営をしていくこととなります。

熱海市が所有する小山臨海公園。この公園は指定管理者制度という仕組みで僕らが運営をしてきました。この5年間の中で、公共施設のあり方を考え、いかに公共施設がより、僕ら市民にとって使える、楽しい場にしていけるかをチャレンジしてきました。

結果として利用料収入は50%近く大幅増加するなど一定の成果も残せたと思っています。嬉しいことに、この3月で僕らの運営期間が終わることを聞いた利用者の方々からも、
「atamistaが運営するようになってから本当に変わった」「とても使いやすくなった」「これからも続けてほしい」そんな声をたくさんいただいています。これはとてもうれしいことですし、現場でやってきたスタッフのみんなの成果だと思っています。

この施設を運営していて、後半の1〜2年で痛切に気づいたことは、この施設のサービスはただ単に箱を貸すことではない。そうではなく、いかに利用者の方々や利用団体の方々の活動や事業をサポートしその継続や発展に貢献できるかこそが僕らの役割だということでした。南熱海文化祭はそのための一つの取り組みでした。

一方で当初想定していた以上の公共施設の管理運営の難しさや課題も感じてきました。
この報告会は、そうしたこれまでの5年間の取り組みをお伝えする場としたいと思います。こうして報告会をして、皆さんに伝えることが、これからの小山臨海公園や、公共施設のあり方に、少しでもプラスになればと思っています。

ぜひ、指定管理者報告会を聞きに来ていただけたら。
-------
「指定管理者報告会」
日時:3月21日(水・祝) 10時〜12時
会場:中ホール 小山臨海公園
※懇親会:12時より2時間程度
プログラム(予定)
1.指定管理者と利用者の立場からの総括
2.南熱海エリアと小山臨海公園のこれから 他

報告会の詳細はこちらのFBページにて。
https://www.facebook.com/events/409904632795847/

at 12:03, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark



熱海と都心を行き来する暮らしの始め方

自由大学での地方と都心を行き来することに関心のある人に向けた講座、開催!

熱海で宿、guest house MARUYAを立ち上げて早2年が経ちました。多くのゲストが訪れてくれていて、熱海という街を好きになって何度も通ってくれる方々もいて、ゲストハウスという場を初めて、本当によかったなと思う日々。

都会の人にとって熱海がもうひとつの日常になったらいいな、そんな風に思って、二拠点居住の入り口となるゲストハウスをつくりたい、それがMARUYAをつくったときに考えた。実際に、都会との二拠点居住をし始める方が出てきたり、また熱海に移住してくれた方もいたりというのはとてもうれしいし、そういう方々が、この街と関わって暮らすことで日々の暮らしが豊かに楽しくなっている姿をみることが何よりも嬉しいです。

僕も熱海にUターンして帰ってくる前は10年近く、熱海と横浜の二拠点居住でした。生まれ育った家は熱海にはなくなってしまったけれど、月に1回くらいは熱海に帰っていました。東京でのやりがいはあるけれど忙しい日々、その合間に熱海で月に1〜2日過ごすスローな時間。時間の流れも風景もことなり、さらに温泉にも入れる。そうした時間をもてることで、東京でもいい忙しい日々を過ごすことができたのかなと思ってます。

熱海をこんな風にみんなが使ってくれたらいいな。1泊の観光でもなく、ハードルの高い移住でもなく、20代とか30代のうちから、都会で仕事をしつつも熱海にも週末滞在できるなそんな街になったらいいな。そしたら都会の人たちの暮らしもきっともっとよくなる。そんな風に思っていたことを思い出します。

そして、いま、この熱海という場所からこんな暮らしを提案している若者が現れました。お寺を継ぐことをきっかけに熱海にUターンして帰ってきて、東京での仕事も続けている 水野 綾子さん。
彼女が提唱するのは都市型サーキュレーションライフ。熱海と都会を循環するように暮らす、暮らし方。
綾子さん自身が都市型サーキュレーションライフを実践しながら、こうした暮らしをする人の輪を広げていこうとしています。

そして、この秋に、サーキュレーションライフを知り、 学ぶことができる講座が自由大学でできました。
水野綾子さんがキュレーターとなり開講する「都市型サーキュレーションライフ学」
https://freedom-univ.com/lecture/circulation.html/
(9月26日締め切りです)

僕もこの講義でお話させてもらいます。
都心と地方と2つの拠点をもって暮らして行きたい方、よかったら参加ください

at 19:07, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark




google analytics