熱海銀座にシェア店舗RoCA バール、ジェラート店オープンのお知らせ

熱海のリノベーションまちづくりの取組み。熱海銀座にシェア店舗RoCA バール、ジェラート店オープンのお知らせです。

【変わり始めた熱海銀座〜新店舗オープンの背景〜】

私たち株式会社machimoriは2011年に熱海市の中心市街地再生を目的に会社を設立しました。特にまずは熱海銀座から変えていこうと思い、その熱海のリノベーションまちづくりの第1弾プロジェクトとなったのは2012年7月にオープンしたCAFÉ RoCAでした。

そのCAFÉ RoCAも5年弱の役割を終え、今年2月末をもって閉店としました。熱海銀座エリアの空き店舗解消、テナント誘致をしようにも、当時の熱海は観光客数もどん底に落ち込んでいたとき。誰も出店を希望する人はいない、だったらまずは自ら店舗しようと、運営をしてきた5年弱でした。

それから5年が経ち、熱海銀座エリアの空き店舗も10店舗から4店舗にまで減少してきました。熱海銀座で店を出したいと言っていただくことも増えてきて、私たちmachimoriの役割も、新たに熱海での起業や新規店舗を開業したい方の誘致・支援へと変わってきました。そこでCAFE RoCAを閉店し、今回新たな店舗をスタートします。

【熱海外から来て、熱海で開業する2店舗】

この度、この2017年8月18日に、CAFÉ RoCAはシェア店舗RoCAへと生まれ変わり、新たな店舗が入居し、オープンします。CAFÉ RoCAを3店舗に分け、新たに飲食店を開業したい方に場を提供することとなりました。

まずこの夏には2店舗が選考してオープンします。(3店舗のうち残り1店舗は募集中です)

「caffè bar QUARTO」(カフェ バール クァルト)


https://www.facebook.com/caffe.bar.QUARTO/

1店舗は、昨年度の熱海市の創業支援プログラム99℃の参加者でもある加藤麻衣さんが開業するイタリアンバール『caffè bar QUARTO(カフェ バール クァルト)』。加藤麻衣さんは昨年、都内で働いていた会社を辞め、熱海の魅力を感じ、移住・起業しました。イタリアン・バールでバリスタの経験をした後、コーヒー豆のメーカーの企画開発部門に勤務。バールでの起業を志していました。「コーヒーとお酒をメインに、気軽に立ち寄れる熱海人のミオバール(マイバール)を熱海銀座につくりたい。」と熱海で開業することとなりました。イタリアン・エスプレッソ、ハンドドリップコーヒー、ワイン、リキュールなど、ドリンク中心のメニュー。コーヒー豆は100g単位で量り売りも行う。軽食メニューも徐々に展開していく予定。

ジェラテリア 「La DOPPIETTA」(ラ ドッピエッタ)


https://www.facebook.com/GelateriaLaDOPPIETTA/    

もう1店舗は、東京・武蔵小山で人気ピザ店「La TRIPLETTA(ラ・トリプレッタ)」を営む株式会社ACCENDINO(アッチェンディーノ)(代表取締役:太田賢二さん)が開業する、ジェラート店「La DOPPIETTA(ラ・ドッピエッタ)」。イタリアでもピザ職人の経験を積んだ太田賢二さんは静岡県出身で、故郷の静岡県で店舗を開業を希望し、今回熱海での開業となりました。スタッフには同社がスポンサーともなる、伊豆半島を拠点に活動するサッカークラブ「スポーツ&ソサエティ伊豆」のスタッフを雇用し、地域のスポーツ振興や雇用創出も目指している。今回の店舗では、伊豆半島や静岡県内の食材を活用したジェラートを開発・製造し、販売する。今後、旅館・ホテル・飲食店への卸売も展開予定。 

営業時間・定休日はいずれの店舗も以下の通り

営業時間: 10:00〜18:00、定休日 : 木曜日

QUARTOを開業する加藤麻衣さんは、2010年にNPO法人ETIC.のプログラム「地域イノベーター養成アカデミー」のフィールドワークで熱海を訪れてからのご縁。バールの起業を志すも、東京でか、それとも熱海でか、と検討の結果、熱海に済んで熱海で開業することを選んでくれました。

La DOPPIETTAの太田さんは、スポーツ&ソサエティ伊豆の代表の片岡さんからのご紹介。昨年、熱海、伊豆半島で店舗開業しようと検討されているときにお会いし、昨年度の第3回のATAMI2030会議にも参加してくれるなどして、熱海でのチャレンジを決意してくれました。

こんなお二人と、machimoriとしても、RoCAの新たなチャレンジができることを嬉しく思っています。

こんな新たなRoCAに、そして熱海銀座に足を運んでいただけたら嬉しいです。

これまでのCAFE RoCAに足を運んでいただいた皆様も、ぜひ新たなRoCAにも来ていただけたら嬉しく思います。

また、もう一区画(約20坪)は現在募集中です。特に飲食店で、熱海での起業、出店に興味をお持ちの方はご連絡ください。

at 17:34, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark



【参加者募集】「熱海を変える」事業を生み出す4ヶ月のプログラム

「熱海を変える」事業を生み出す創業のためのプログラムが始まります。

 

「自分たちの暮らしは自分たちでつくる」

これからの熱海を、そしてこれからの社会を、そしてより豊かな暮らしができる2030年を、共に事業を通して創り上げる仲間を募集します。

 

僕自身が、熱海のまちをなんとかしたいと思ったときに、なぜ政治や行政の世界や、あるいはボランティアではなく、事業(ビジネス)としてのまちづくりに取り組んだのか?

それは、いまの世の中では、事業(ビジネス)こそが、地域や社会をスピード感をもって変えられることだと思ったから。


 

農業や林業や、地域の課題を解決しようとする事業も、飲食店やものづくりなどの事業でもジャンルは問いません。

そして、これから起業する方はもちろん、創業して3年程度までの方や、老舗だったり親が受け継いだ事業を変えたい、新規事業を起こしたいという方も歓迎。

これからの未来をつくる4ヶ月間のプログラムにご参加いただける方、ご応募お待ちしています。

詳細はこちらをご覧ください。
99℃  - Startup Program for Atami 2030 -

at 08:28, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark



「熱海」に再び観光客が集まっている理由

東洋経済ONLINEに載せていただきました。

 

あの「熱海」に再び観光客が集まっている理由(東洋経済ONLINE)

http://toyokeizai.net/articles/-/131780

 

熱海に再び観光客が集まっている理由。

表面的に語られることが多いと思いけれど、

実は、この10年ちょっとの間でのプレイヤーの変化、こそが一番だと思っている。

それには、この記事にも書かれているように、

自らの商売を変えようと、まちを変えようと行動し始めた人が数多く生まれてきたこと。

僕もその一人。

 

その背景には90年代後半から2000年代半ばまでの「危機の共有」が大きい。

 

そして、そこに新たに外からこの街に加わってきてくれた人も増えたことももう一つの要因。

 

その結果、街のプレイヤーが変化し、街のコンテンツが変わってきたことが街が変化してきた。

 

でも、熱海の再生の物語はまだ序章。これからが本番。

それもまたいま強く感じている。

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

at 08:17, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark



熱海での仕事づくり〜熱海市創業支援事業が始まります〜

創業支援(スタートアップ支援)というものを、これまでに受けてきました。
一新塾の社会起業コース、ETIC.のソーシャル・ベンチャー・スタートアップ・マーケットや、ETIC.のSUSANOO、そして、エリアイノベーターズ養成ブートキャンプなどなど(なんだか難しい名前ばかりですね)・・・こうした場がなければいまの僕、そして僕らの事業はない、と言えるほど、密度の濃いものばかりでした。

けれど、こうした場をつうじて僕が感じてきたこと。それは、結局はそういったプログラムがあるなしにかかわらず、やる人はやる(やらない人はやらない)ということ。でも、こういうプログラムがあることで、より市場に対して、社会に対して、より効果的で意味のあることを短期間でできるようになることができる、ということです。

いよいよ熱海市の創業支援事業がスタートします。僕もその連絡会の一員という立場で関わっています。(特に事業を受託したりはしてません)

明日、創業支援事業キックオフセミナーが行われますが、ぜひこの場で「学べてよかった」「行政はもっとこうしたらいい」という態度ではなく、「自分はここで創業するために何をすべきか」あるいは「自分はこれから何をしていけばよいのか?」「この事業に自分だったら何ができるのか?どう貢献できるのか?」という視点で参加する人が一人でも多く生まれる場となったらいいなと思っています。

これまで僕らが熱海で出会ってきた何人かの方々の中にはフリーランスとして独立したり、会社を起業したりした方もいます。リノベーションスクールからも新たな事業が誕生しました。そしてこの数年で熱海ともともとはあまり縁がなくても熱海でお店を始める方も増えてきました。この事業がこの小さな動きを大きな流れとしていくための後押しとなっていったら。

これから始まることは、試行錯誤しながらになると思いますが、地域にとって価値のある産業を起こすことにつなげていくかどうかが勝負です。具体的には・・・
・単に創業があること(会社が生まれること)ではなく、3年、5年、10年と継続する事業を生み出すこと
・個別支援を行うことだけでなく、事業が次々と生まれる生態系を生み出すこと。つまり、事業が起こしやすい環境、継続できる環境ができること
・生まれた事業が地域の資源を狩るものではなく、地域を耕すものになること(=地域課題の解決につながること)

そしてそのためには、この事業が単なる行政だけの施策で終わらせてはいけないと思っています。僕には、これまで僕自身が創業して事業を行ってきた経験、創業支援を受けてきた経験、また、まちづくりという分野で実践してきた経験、そして、それらにより培ってきたネットワークがあります。これらを活かして、この創業支援事業がよりよいプログラムとなるよう力を尽くしていきたいと思います。

大切なことは、自分たちの暮らしは自分たちでつくる、自分たちのまちは自分たちでつくる、そして「自分たちの仕事も自分たちでつくる」こと。

なにも、自分が起業しなくても、自分の持っているものを少しずつ与えるだけでもいい。
行政、民間企業、NPO、大学等の垣根を超えて、でもそれぞれの持っているものを持ち寄り、新たな仕事がこの街に生まれ育つための取組みに参加してほしいなと思っています。

創業する人も創業を応援する人も
「自分に対して何をしてくれるのか」ではなく、
「自分は自分たちのまちを面白くするために、自分たちの暮らしがちょっとでも豊かになるために自分に何ができるのか」

そんな姿勢で関わる人が増えたらきっとこの事業は面白くなる!と。

僕は今後のこの事業の展開を、とても楽しみにしています。おそらく、他のどこにもないようなものが生まれると、期待しています。そしてそのために力を尽くしたいと思います。

明日のセミナーは、まず「事業が次々と生まれ育つ環境をつくるために私たちに何ができるのか?」ということを地域の人たちが考える、という意味付けのセミナーでもあります。

詳しいプログラムはまだ発表されていないと思いますので(というかまだ検討中なところも多々あり)、少しお待ちを。今後を楽しみにしていてください。

MARUYA


at 10:30, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark



guest house MARUYA オープン

 昨日、ようやく9月18日、guest house MARUYAをオープンしました。

MARUYA オープン

■許認可の関係で、6月末のオープンの予定が遅れに遅れてしまいました。
また、9月18日からの予約を受け付けていたものの、営業許可が当日に出るという状況でオープンのお知らせがなかなかできずにいました。

いまはオープンできたことが嬉しいです。ここまでを支えてくださった皆さん、本当にありがとうございました。
嬉しいことに、このシルバーウィークは、はたくさんのゲストが来てくださるので、しっかりと準備をしてお迎えしたいと思います。

■guest house MARUYAは、昨日よりプレオープンで、11月の上旬に1週間程度のお休みをいただいて追加の改修工事をした後、グランドオープンする予定です。
プレオープンに関してのイベントはありませんが、グランドオープン時にオープニングパーティを行いたいと思っています。

これから、まだ手のつけられていない一部の部屋の内装、MARUYAのHPのリニューアルオープン、まち歩きなどのまちのソフト・コンテンツの開始(あたみのつかいかたTRIP)、プレオープンの期間中は徐々にMARUYAができあがっていくと思います。

■いまのところ、ご予約はこちらで受け付けています。
http://atami-maruya.net/booking
guest house MARUYAに泊まりに来ていただけたら、嬉しいです。


■ここまで本当にたくさんのお力があってこそ、オープンすることができました。

DIYに参加してくれた皆さん、ビルオーナーである小倉さん、熱海銀座商店街の皆さん、出資をしてくれた16名の株主の皆さん、この融資を実行してくれた三島信用金庫さんと日本政策金融公庫さんとその実現をサポートしていただいた熱海商工会議所の皆さん、クラウドファンディングで支援してくださった201名の皆さん。そしていつも力を貸してくださる熱海市観光協会の皆さん。行政協議を担ってくださった、らいおん建築事務所さん、設計・DIY施工を一緒になってしてくれた中田製作所とHandiHouseProjectの皆さん、そして、私達の無理難題を何の文句も言わずに常になんとかしてくださった大館建設さんと、平和エアテックさん、森岡電気さんをはじめとした業者の皆様。難しい中でも柔軟な対応をしてくださった保健所、消防、静岡県熱海土木事務所の皆さん。
リノベーションスクールの開催およびその熱海市、そして静岡県。そしてリノベスクール開催のきっかけになったリノベシンポジウムを開催してくださったHEAD研究会の皆さん。そしてmachimoriの立ち上げのきっかけとなったブートキャンプ以来ここまでご指導いただいた清水義次さん、木下斉さん、岡崎正信さん。
熱海や東京、横浜などから僕らの活動に参画して力を貸してくれる皆さん。丸屋ビルでの展示会に参加してくれたアーティストの皆さん。
新しいメンバーも加わった役員、この新しい事業を生み出す中で、各事業でがんばってくれたCAFE RoCA、そしてatamistaのスタッフ、そしてこれまでに関わってくれたインターンのみんな。そして、いつも支え続けてくれている家族。

このプロジェクトに関わった人の数は数えきれないほど多くの人々です。
こうした人々の想いを載せたこのguest house MARUYAを成功させていきたいと思います。
これからもよろしくお願いします!

at 09:05, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark



今日、熱海市長選挙 公開討論会

本日は熱海市長選挙の立候補予定者による公開討論会が開かれます。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140826-00000043-izu-l22

【熱海市長選 立候補予定者による公開討論会】
日時:8月27日(水)19:00〜21:00 開場18:30
会場:MOA美術館能楽堂
定員:550名
主催:熱海青年会議所
コーディネーター: 池田健三郎(経済評論家)
立候補予定者全員の3名が参加します。 


2010年の引き続きの今回の開催です。
前回の討論会ではこの討論会の議論で、どちらが市長にふさわしいかが決着したように見えました。
FM熱海湯河原での生放送、伊豆急ケーブルネットワーク(IKC:ケーブルテレビ)での放送もあるようです。

ぜひ、会場に足を運ぶか、ラジオ、テレビでこの様子は見てください!
市長選挙、私には関係ないよ、と思い方もいるかもしれませんが、実は市のトップのひとつひとつの政策、決断が私たちの日常生活に大きな影響を及ぼします。
ビジョンあるトップ、決断できるトップであるかどうかでまちの未来が変わると思います。
私たちとそして子どもたちの世代のために、未来に責任を持ち、コミットし、行動できる市長を選ぶことがとても重要です。

今日の3人のお話を聞いて、だれが市長にふさわしいのか、一人ひとりの目で判断をしてほしい、そう思っています。

私はまちづくりという仕事をしているため、近いところで行政や各候補者を見てきました。その中で感じる問題点や疑問、そして期待もあります。

今日の討論会では、何よりも熱海が今抱える多岐にわたる大きな課題について本質的な問題を議論し、そして本質的な解決策について議論されることを望みます。この場で何が議論されるかが、今後の熱海の4年間を左右するのではないかと思っています。

表面的でない、本質をついた議論が起こることを期待しています。



■熱海の課題について、だいぶ以前にまとめたものをここに掲載しています。
熱海の課題とatamistaの取り組み
http://atamista.com/index.php?option=com_content&task=view&id=56&Itemid=68
だいぶ以前に書いたものですが、少し数字をアップデートしました。



■それぞれどんな人でどんなことを考えているのか
 各候補者の後援会HPです。

さいとう栄 後援会
http://saitosakae.com
(HPが前はこれだったのですが、現在更新されていないのかこの状態ですが、そのうち更新されるのではと思い、載せておきます)

森田かねきよ後援会
http://moritakanekiyo.jp

田中ひでたか後援会
http://tanakahidetaka.jp

■各候補者の演説の映像です。

森田かねきよの決意2
http://www.youtube.com/watch?v=pGaHrThevAI

田中ひでたか事務所開き
https://www.youtube.com/watch?v=ts18gGT-I-U

齊藤栄熱海市長については演説映像がないですので、
一応、過去の記者会見映像(Foreign Press Center, Japan
を載せておきます。
https://www.youtube.com/watch?v=5t5LlZCVrCA



at 11:45, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark



3月の熱海はアート

3月、熱海ではアートイベントが目白押し! 3/8(土) - 3/23(日)


「混流温泉文化祭」「アタミアートウィーク」「もの派と熱海展」。3月の熱海は空き店舗等のまちなかの空き空間を利用して3つのアートイベントが同時期に開催されます。


■混流温泉文化祭では、熱海駅前の仲見世通り商店街のお店のガラスをジャック!してのライブペインティング。そして熱海銀座通りでは数年間空いていた店舗を活用してアート作品が展示されます。
混流温泉文化祭 http://konryu-onsen.com

■「混流温泉文化祭」のコンセプトは「地域と地域」、「地域とアート」の交流。別府、新潟の岩室温泉、そして熱海を拠点に活動するアーティストさんなど、6名の現代アートの作家さんが熱海に滞在して創作を行ってきました。作家さんたちは美大で講師をしている方々などで年齢は30歳前後、これからの活躍も期待される方々です。
3月8日と16日には「熱海とアート」をテーマにシンポジウムも開催されます。8日には、注目を集めるアートイベント、別府の「混浴温泉世界」のプロデューサー芹沢高志氏、そしていま話題の十和田現代美術館の館長、藤浩志氏が参加。ちなみに。8日には私、市来も登壇します。 

■また同期間に、美大・藝大の学生作家20名弱が参加する「アタミアートウィーク」も開催されます。
アタミアートウィーク https://www.facebook.com/atami.art.week
複数の空き店舗・空き家を活用しての展示会。こちらも2月の上旬から何度も熱海に来たり、熱海に滞在して創作している作家さんたちも多く、熱海とアートで何が起きるのか、楽しみです。

■実は、どちらのイベントとも、受けを狙って、ただ単にアートで一時的に熱海を盛り上げよう、というものではありません。私たちNPO法人atamistaは、まちなかの空き店舗や空き家という、もったいない空間を活用・再生していくことに取り組んでいっていますが、元々、ずっと使われていなくて大家さんも諦めかけていた物件を再生し、まずはアートイベントで活用しようというものです。アートイベントが終了したら、ゲストハウスやギャラリー、アーティストインレジンデンス(アーティストが滞在制作・居住できる場)として再生していこうと考えています。今後の動きについてはまたこのメルマガでも取り上げていきたいと思います。
シンポジウムやイベントの情報はオンたまHP(http://wla.jp/ontama/)でも紹介しています。


■今晩は、
混流シンポジウム「熱海でアートができること」
芹沢高志 × 小倉壮平 × 市来広一郎 × アーティスト

あの、別府の混浴温泉世界の総合ディレクター芹沢高志さんが熱海に!

概要:
混流温泉文化祭のシンポジウムvol.1として、別府温泉において混浴温泉世界2012総合ディレクターを務めた芹沢高志氏(AAF ネットワーク実行委員会事務局長)と岩室温泉の観光複合施設いわむろや館長の小倉壮平氏、熱海で活動中のNPO法人atamista代表の市来広一郎氏と、各温泉地に縁のある参加アーティストを交え、シンポジウムを実施致します。

日時:2014年3月8日[土] / 19:00〜21:00(予定)
場所:メイン会場丸屋ビル(熱海市銀座町7-8)
料金:500円

会場はCAFE RoCAのななめ前です。

お申込みはこちらから。http://konryu-onsen.com/schedule

ちなみに3月16日にもシンポジウムがあります。




JUGEMテーマ:地域/ローカル

at 11:56, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark



雑誌「ソトコト」にatamista 掲載していただきました。

 【メディア掲載】2月9日発売の雑誌、「社会を変えるNPOのアイディア集」の一つして、NPOatamistaも(小さく)紹介していただきました!

http://www.sotokoto.net/jp/latest/?ym=201303

at 01:35, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark



「純米酒あたみ」を使ったスイーツ「ル・ポンシュ」お披露目!

熱海の地酒「純米酒あたみ」をつかったスイーツ 「ル・ポンシュ」のお披露目会が開催されます。

「ハレの日に飲まれる伝統的なお酒にもっと親しみをもってもらいたい」
「お酒をもっと気軽に味わってもらえるスイーツをつくりたい」
そんな熱海の酒販組合さんの想いから住吉屋さんとのコラボレーションが実現しました。 

ル・ポンシュ


【お披露目会】
日時:2012年10月17日(水)    15:00〜16:00 
場所 CAFE RoCA (熱海市銀座町10-19)

17日当日は「ル・ポンシュ」の試食と「純米酒あたみ」の試飲ができますので、お時間のある方はぜひ足をお運びください。(試食には限りがございます) 

住吉屋さんのFBページ
https://www.facebook.com/Sumiyosiya  


参加表明はぜひfacebookにて。(facebookでの参加表明がなくてもご参加できます。)

at 13:48, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark



atamista、熱海市 小山臨海公園の指定理者(候補者)に選定


私たち、atamista・シンコースポーツ共同事業体として、
熱海市の小山臨海公園の指定管理者(候補者)に選定されました。

今後、9月議会での議決が得られれば、来年4月から指定管理者として施設運営をしていくことになります。

小山臨海公園は南熱海にある、テニスコート、体育館等を兼ね備えた公園です。


私が地域再生や、地域コミュニティということになんとなく目覚めた最初の出会い。
それは、サッカーを通してでした。
1993年に発足したJリーグ。Jリーグ百年構想というものを知りました。

そしてテレビで観た、ヨーロッパの総合型スポーツクラブ。
そこではプロチームだけでなく、地域の人たちがスポーツをしに集まってくる場所。
スポーツを通して地域のコミュニティができあがっている姿。
それを見て、中学生ながらに「なんて豊かな生活文化があるんだろう」と思ったのを記憶しています。

スポーツは世代を超えた地域コミュニティをつなぐ、一つの重要なコンテンツだと思います。

今回の小山臨海公園を共に運営するパートナーは、シンコースポーツ株式会社。

全国で34の指定管理施設を運営している実績のある会社さんです。


atamistaではスポーツと、そして、これまでのオンたまのような体験交流プログラムの拠点として、南熱海での小山臨海公園を核にした地域づくりを目指しています。
そして、小山臨海公園が南熱海の地域コミュニティの拠点、スポーツの拠点、体験アクティビティの拠点になることを目指して取り組んでいきたいと思っています。



参考:

at 18:42, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(1), trackbacks(0), pookmark




google analytics