「あたみのつかいかたTRIP」始めます

オンたまは今から7年前、2008年の夏に立上げに向けて動き出し、第1回を2009年に開催しました。これまで、熱海温泉玉手箱(オンたま)に参加し、支えてくださった皆様、ありがとうございます。



このオンたまが開催規模としてピークだったのが2011年。1ヶ月で73種類のプログラムを企画、開催しました。その頃から、実は悩んでいたことがあります。

参加していただいた方々から、「オンたまを通年で開催できないのか?」「もっと開催してほしい」などの声をいただいていたものの、それをやっていくにはやり方を大きく変えていかなければならないと感じていました。

それはオンたまの取り組み、ひいては運営主体である私たちNPO法人atamistaの取組みが補助金に頼っていて自立できていないということでした。
ボランティアや補助金に依存するのではなく、こうしたオンたまやまちづくりの取り組みを持続させるにはどうしたらよいだろうか?

そこで私たちは、まちづくりを持続的にやっていくために、まちづくり会社をつくり、中心市街地の空き店舗や空き家を再生(リノベーション)する事業に着手することにしました。そこで補助金など税金に頼らないまちづくりのチャレンジをしてきました。その一つがCAFE RoCAというカフェであり、海辺のあたみマルシェという取組みです。

ただ、それだけではオンたまとのコラボレーションはできませんでした。私たちは「熱海を楽しむプログラムとしてのオンたまの拠点となる場所をつくり、オンたまを継続的に開催したい」とずっと思っていました。

そこで、私たちはオンたまの拠点となる場所をつくることにしました。
それが宿であるゲストハウス マルヤ(guest house MARUYA)です。私がかつてバックパッカーとして旅をしたときに強烈に印象に残った街では、ゲストハウスがあり、体験ツアーがありました。そこでの体験は忘れられません。宿泊する方だけではなく、熱海に住む方のためにも、熱海を楽しむための拠点となれる場所にしていきたいと思っています。

そして、これに合わせて、オンたまを発展させた「あたみのつかいかたTRIP」を始めます。通年を通して、熱海を楽しむプログラムを行っていきます。8月上旬には、オンたまHPを「あたみのつかいかたTRIP」へとリニューアルする予定です。

at 07:28, 市来 広一郎, オンたま

comments(0), trackbacks(0), pookmark



自分の地域でオンたま(オンパク)をやってみたい方へ・・・ 12/17,18 オンパク研修会@熱海、開催。

 熱海オンたまも採用しているオンパク手法の地域づくり。
 地域資源を活かし、人を活かした体験交流型のプログラムを行うオンパク。
 そのオンパクを知り、オンパクを自分の地域でつくっていくための研修です。

 こんな方にオススメです。


 ★地域づくりの活動や、コミュニティビジネス支援をしていきたい方
 ★ご自分の地域で熱海オンたま、オンパクのような取り組みをやってみたい方
 ★地域づくりに取り組んでいきたいけれど、どんなことから始めてよいか悩んでいる方
 ★着地型観光に着地型観光に取り組みたいと思っている方
 ★熱海オンたま、オンパクとは何か、詳しく知り、地域づくりに活かしたい方

また
 ★オンパク的なものと連携して何かをしたい方(行政・企業・メディアなど)
も歓迎です。

 研修のゴールは、
 ★オンパクを知り、体験し、自分の地域のオンパクの企画書が完成すること

1人でも多くの地域の人々がオンパク手法を知り、地域で輝く人々が増えることを願い、
研修会を開催します。ぜひご参加ください!
静岡や神奈川、東海、関東エリアの地域づくりに関わる方々が横につながる場にもなればと思っています。

また、もし熱海オンたま、オンパクに興味をお持ちのお知り合いの方がいらっしゃれば、ぜひお誘いください。

ぜひ、オンパク手法を盗み、地域再生のきっかけとして地域を変える当事者になってみませんか。

-----------オンパクを知る 体験する 創る  熱海オンたま研修会-------------
■期間: 2011年12月17日(土)〜18日(日)
■会場: あたみシール会館(静岡県熱海市銀座町10‐19 )
■参加費: 14,000円(全日程参加の場合)
■定員: 30名
■お申込み・詳細はHPから>>
  http://genkiryoku.onpaku.jp/

■申込み締切: 12月14日(水) ※余裕をもってお申込みください。

■お問い合わせ先:
 NPO法人 atamista/熱海温泉玉手箱実行委員会 0557-52-4345 担当:米山、坪井
■共同開催事業者:
NPO法人 atamista/熱海温泉玉手箱実行委員会 
社団法人ジャパン・オンパク 

at 08:51, 市来 広一郎, オンたま

comments(0), trackbacks(0), pookmark



月光ヨガ

今日はオンたま、月光ヨガに参加してきましました。

いままで、雨が降ってしまいできなくて、三度目の正直で初開催となった、月光ヨガ。

熱海の海辺、月明かりと、薄曇りの夜空の下でのヨガには、心から癒されました。

最後に仰向けになってじっとしていたとき、夜空を眺めていたら、おおきな宇宙と、あまりにもちっぽけな自分を感じました。宇宙に思いを馳せながら、物理の道を志していた高校、大学時代を思い出しました。

自然の音に混じって、遠くから聞こえる車や電車などの人間が作ったものの音、空を飛ぶ飛行機。
人間の作ったものって、あまりにも小さい。でも、その中で走ったり、飛んだりしてるんだなあ、と。

自分のやってきたこと、これからやっていくであろうことにも重ねながら、そんなことを考えている自分がいました。


たまには、こんなことも、書いてみました。

月光ヨガの講師、大城綾さん、プロデュースしてくれた倉持さん、今日はありがとうございました。

at 20:42, 市来 広一郎, オンたま

comments(0), trackbacks(0), pookmark



明日からオンたま開幕!(開箱?)

久しぶりにブログを描いて、皆さんから反応があると、嬉しいものです。

朝の記事にコメント等いただいた皆さん、ありがとうございます。


さて、明日からはいよいよ、2011秋オンたまが本格的にスタートします。

明日のプログラムは既に満員御礼のものも多いです。皆さんに満足、感動していただける場を提供できるよう、スタッフ一同、気持ちを込めていきたいと思います。

明日の目玉は、しゃったあず4 &福島さん、上映会。

夕方から、お時間ある方はぜひ、会場に足を運んでください。

明日は、しゃったあず4主演の池内万作さんなど、多くのゲストに来ていただき、トークショーに参加いただきます。

明日からの熱海の玉手箱が開いている1ヶ月ちょっと。熱海ならではのディープな魅力を味わってみてください。

at 20:54, 市来 広一郎, オンたま

comments(0), trackbacks(0), pookmark



熱海でクラブイベント開催!

 6/4(土)、チャリティオンたまにて「DOATAMI−ドアタミ−」という をナギサさんの2Fテラスで開催します。
前売りチケットを予約された方は500円割引となりますので、ご予約はお早めにどうぞ。
当日参加もできますので、当日暇だな〜って思ったら是非ご参加ください!
詳細は下記ブログ、紹介文からどうぞ。

公式ブログ http://doatami.jugem.jp/

================
熱海で進化する電子音 クラブ仕掛けの音の宴
DOATAMI ―ドアタミ―

前売りチケット予約受付中です。
オンたま予約サイトでお申し込みいただくか、
または返信にてお名前、枚数をお知らせください。
当日受付にて500円割引させていただきます。

上質のクラブカルチャーを海辺のテラスで体感してください。
皆さまのお越しを心よりお待ちしております。
(料金は当日受付窓口でお支払いください。特にキャンセル料などは発生しませんので、
お気軽にお申し込みくださいませ)


オンたま×ぐるたび震災支援チャリティーイベント

DOATAMI ―ドアタミ―


2011.06.04(sat)@Cafe&Restaurant Nagisa 2F
http://www4.tokai.or.jp/nagisa/

Open 15:30  Start 16:00

Door ¥2000(+1drink ¥500) ADV ¥1500(+1drink ¥500)
(チケット収益は熱海温泉玉手箱実行委員会を通じて全額日本財団へ寄付します)


本田みちよ(LIVE)
http://ameblo.jp/michiyo-honda/

pulselize(LIVE)
http://www.myspace.com/pulselize/

ヴィーナス・カワムラユキ(DJ)
http://vky.jp/

Yosuaki(DJ)
http://soundcloud.com/yosuakixsmash/


Sound Produce AO


タイムテーブル
15:30〜 open
16:00〜17:00 Yosuaki(DJ)
17:00〜17:45 pulselize(LIVE)
17:45〜18:45 ヴィーナス・カワムラユキ(DJ)
18:45〜19:30 本田みちよ(LIVE)
〜20:00 close
================

at 09:23, 市来 広一郎, オンたま

comments(0), trackbacks(0), pookmark



ポンパレにてオンたまプログラムが割引で手に入ります

昨日は東京ベンチャー留学にて、地方の大学生の方々に話をしてきました。

東京ベンチャー留学

中学から高校生、大学生の頃を振り返りつつ、いまにつながる経験のこともお話しました。
中学時代、Jリーグ百年構想に感銘を受けたことを思い出しmした。思えば、それが初めて地域づくりに関心を持った最初かもしれません。


■オンたま×ポンパレ

さて、ポンパレ(リクルートの割引チケット共同購入サイト)にて、オンたまプログラムを販売予定です。
今週末から来週にかけて、ポンパレサイトを要チェック。

上のサイトで、現在オンたまWEBサイト
に出ている4つのプログラムが割引で手に入ります!


先月半ばからatamistaにインターン生が来ています。3か月の予定ですが、バリバリ働いてくれています。この4つのオンたまプログラムも担当してもらってます。
来週からはもう一人インターン生も増え、atamistaの活動も発展していきます。





at 05:41, 市来 広一郎, オンたま

comments(0), trackbacks(0), pookmark



オンたまパートナー事業者さんヒアリング

 オンたまのパートナー事業者さんのヒアリング。
昨日は2団体を訪ねましたた。


「自然農法・有機栽培による野菜づくり実践講座
を行った、自然農法国際研究開発センターの三浦さん

「秋の味覚と陶芸体験」
を行った、姫の沢公園の椎野さんと関さん


両団体とも非常に想いを持った方々で、今後のチャレンジへの想いもじっくり伺うことができました。


ヒアリングの内容については、後日オンたまWEBサイトの方に掲載します。

at 07:28, 市来 広一郎, オンたま

comments(0), trackbacks(0), pookmark



第4回オンたま、これから評価フェーズ

オンたまの振り返りの スタッフ会議を行った。

過去3回の累積400名程度だったファンクラブ登録者数が、今回、なんと800名近くまでに増えたことが驚きでした。
オンたまに初めて参加した方々が非常に多かったのだと思います。
ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

成果と課題がはっきりと見えた今回のオンたまでした。

第4回のオンたまはイベントは終了しましたが、これから評価フェーズ。
アンケート等の分析や、ヒアリングなどを行い、
最終的な報告は1月になると思います。

今後、オンたまのプログラムを主催している、すべてのパートナー事業者さんにヒアリングをする予定です。パートナーの皆様、ご協力お願いします。

at 07:24, 市来 広一郎, オンたま

comments(0), trackbacks(0), pookmark



熱海〜多賀、海辺のサイクリング と インフラストラクチャー

延期になっていた、オンたまプログラム
「気分爽快!海辺の絶景サイクリング」を行った。

熱海市観光まちづくり・防災まちづくり推進協議会による電動アシスト式自転車の社会実験とのタイアップ事業、ということで行った。


熱海から南熱海の多賀までの道のりは、非常に気持ちいい。
海を眺め、海風を受けながら、走るのは最高だ。

ただ、ちょっと危険な箇所もあり、自転車で走りやすいとは言えない。

観光地としてのインフラストラクチャーの整備は非常に重要だと思う。
まちにお金がないなかで、インフラを整備していくことはできないものだろうか。
ただ、これは自転車が通れるようにする、ということだけでなく、まちの中の人の導線、車の導線なども考えなくちゃいけない。

車や公共交通をまちの中にどう位置付けるのかという哲学というかコンセプトが中心になきゃいけないと思う。

人が中心、歩くことが中心に考えていくべきじゃないかと思っている。

以前の日経ビジネスの特集でも「徒歩経済圏」という言葉があった。
歩きやすいまち、とひと言で簡単に行ってしまいがちだが、
本気でそれを考えていく必要があるんじゃないかと考え始めている。


徒歩経済圏/どうなる日本経済(blog:よかど!鹿児島)

特集 “小さな街”が市場を変える 「徒歩経済圏」が生む新たな商機●序章〜“小さな街”が市場を変える 「徒歩経済圏」が生む新たな商機(日経ビジネス:記事有料)



at 22:10, 市来 広一郎, オンたま

comments(0), trackbacks(0), pookmark



オンたま閉幕に際して振り返る

第4回目のオンたまが今週末で一応終わる。
(※延期や追加になったプログラムが来週末に2つあります)
そこでちょっと早いがオンたまを振り返ってみたい
http://wla.jp/ontama


●良かった点
・ オンたま事業の資金面での自立への道筋をつけられたこと
・ 新たなスタッフが加わり、企画等の幅が広がったこと
・ オンたまの認知度が広がったこと。ファンクラブの会員数が増えたこと。

●改善すべき点
・ プログラム数が増えたにも関わらず、経験あるスタッフが減ってしまい、企画へのケアが不十分だったこと
・ プログラム主催者の方と場を共有する機会が少なかったこと

またこのあたり、少しクロージングパーティの場でお話すると共に、アンケートや各プログラムの実績報告書類を分析すると共に、プログラム主催者の方々にじっくりとヒアリングを行い、12月には今回の成果と課題等をまとめていきたい。

オンたまはこの第4回目をもって、ファーストステージが終わりだと思っている。
走り抜けた立上げ期から、成果や成長の求められるセカンドスタージに入る。※成長とはいたずら数を拡大することではない。
多くの人に認知されてきたからこそ、成果を求められるし、関わっている様々な方々からもよりシビアに見られるようになると思う。

そういう意味では、第4回目の振り返りだけではなく、ファーストステージ全体を振り返り、次回の5回目につなげていきたいと思う。






上の話と関係ないけれど・・・
長らく崩れていた生活のリズムが戻りつつある。
ということで、ブログを書く時間も取れている。

以下は防備録。

■9月は、今現在の活動、に忙殺された1カ月だった。
オンたまの準備をしながら、オンたまプレイベントの開催、オンパク研修会@熱海の開催、伊豆市で開催された知恵組フェスタ関連の活動、チャレンジコミュニティプロジェクトのギャザリングへの参加、そしてプライベートでは自分の結婚式、そしてETIC.ソーシャルベンチャースタートアップマーケットの最終選考・・・ちょっと予定を詰め込み過ぎた。


■10月は、今の活動を走りながら、少し先のことを考えられた
オンたまや地域イノベーター養成アカデミー、ソーシャルベンチャースタートアップマーケットも始まった。また諏訪でオンパクの社員会議があり、企画スタッフ・コーディネーターの育成についての議論があった。

■11月はもう半分近く過ぎてしまったが、先のことを考えながら走る1カ月となりそうだ

at 06:35, 市来 広一郎, オンたま

comments(0), trackbacks(0), pookmark




google analytics