やり続けることで認められる

昨日はとてもうれしいことがあった。

地域で新しいことをやってると、
「あいつらばかり目立って」とか「あいつらは何をやりたいのかよくわからん」とかいろんなことをよく(間接的に)言われる

でも、そこで支えてくれる方がいる。

とある方が、そんな批判するような声を聞くと、おれはそいつらにこんな風に言ってるよ、と言ってくれた。
「お前らまだそんなこと言ってんの?あいつらがやってることちゃんと見ろよ」とか「なんか言いたこいことあるならこんなとこで言ってないで直接言いに行けよ。」と言ってくれてるということ。

他にも「NPOになると補助金が1億円ももらえるらしい。あいつらあんなそれで儲けてる」みたいな話を聞いたとある長老も、「そんなことないと思うよ。そんなの調べてみたらわかるんだから、ちゃんと自分で調べてみたら。少なくとも熱海銀座は彼らががんばったおかげで変わってきたよ」と伝えてくれたそうだ。


さらに他にも「NPOは税金も払わなくていいらしい」だから「宿やっても税金もかからないらしい」という風にも噂されてたりもするけれど、これにも「そんなことないと思うよ」と答えてくれる方がいる。ちなみに、これは二重に間違った理解なのだけれど。

NPOだって営利事業を行えば、税金は払う。消費税も支払ってる。
それにMARUYAは株式会社としてやってるので、そもそもNPOじゃない、ということだったり。
こういうのもまずは身近な人たちに説明してもらえるようにしっかりと伝えていくことも重要なんだろうと思う。

(はっきり言って、もっとちゃんと稼いで儲かるようにもなりたいと思う。まだまだちゃんと利益も出せてない状況だし。もっと力をつけて、利益も出していきたいと思う。スタッフの給与も上げていきたいし、株主にも配当出したいし、まちに再投資もしていきたい。再投資することで、よりちゃんと地域の課題を解決し、そしてエリアの価値を上げていくことができるから。)


それにしても、応援してくれる人、僕らの活動、事業のことを代弁してくれる人たちが増えているというのはとても嬉しい。

こうした地元の人たちと面白いことをプロジェクト、事業としてやっていけたらと思う。昨日もそんな話を地元の方としてワクワクした。

「よそから来た人たちだけで盛り上がってる」みたいなことを言う人達もいるけれど、決してそうじゃない。僕らのやってることには地元の人たちもたくさん参加してるし、一緒にやってる。よそから来る人達が輝くことで地元の人達も刺激を受ける、地元の人たちが動いている姿をみていて、よそから来た人たちは、この街っていいなって思い、この街でやりたくなる。
今の熱海はそんな状況だと思う。

歴史的にも、熱海という街は、よそからやってきた人たちがカルチャーをつくりあげてきた街。でもそれだけじゃない。明治時代、江戸時代から100年、150年と商売をつづけている人たちもゴロゴロいるし、1300年もこの街に根付いてやっている人だっている。

よそ(他所)って言葉も排他的にも聞こえるけれど、熱海ではそんなことがないと思う。
もともと熱海に全く関係のなかった人たちが、この街に関わりを持っていき、そして根付いていく。

地元の人も、よそから来た人も、境目なし。
それがこの街の魅力だと思う。

JUGEMテーマ:地域/ローカル



at 07:41, 市来 広一郎, エッセイ・雑記

comments(0), trackbacks(0), pookmark



自分の暮らしを大切にする

この記事を読んだ。

みんなで持ち寄って、暮らす。アーバンパーマカルチャー最前線、“ギフト”で成り立つシェアハウス「ウェル洋光台」
http://greenz.jp/2015/11/17/well_yokodai/

ウェル洋光台を訪れたのは8年前。たしか、僕らの掲げる「100年後も豊かな暮らしができるまちをつくる」というコンセプトを初めて人に伝えたのはこのウェル洋光台で、だったと思う。

そのウェル洋光台がこんな風に違う次元に進化している。これはとても嬉しいし、また訪れてみたいなって思う。

8年前、一新塾に入っての2年目は、「新しい暮らしをつくる」というこの戸谷さんのチームに参加。シェアハウスというものを知ったのもこのときだった

そんな仲間がこうして、いま暮らしの新しいあり方をつくり続けていることにとても刺激を受けた。

戸谷さんはあのときから等身大だった。

100年後も豊かな暮らしを、と言いつつ、自分や家族、スタッフのみんなの暮らしはどうなんだろうか?と、この1ヶ月くらい自問し続けてきた。

そして、この一週間、熱海を離れて過ごして、ひさびさに一人旅もして、気づいたことがたくさんあった。


もう自分を、自分たちの暮らしを、犠牲にするのはやめよう。

僕は家族や、仲間たちの暮らしを大切にしたい。

だから、自分や家族と自分たちの暮らしをつくることに時間をつくろうと思う。

自分の等身大の暮らしを変えていきたい。

自分たちの暮らしは自分たちでつくる。自分も実践しなきゃ、嘘だよね。

これからは、自分たちの暮らしをつくっていくことに真剣に向き合っていきたいと思う。

それが、自分たちの街を自分たちでつくることにつながる。

僕は仕事が好きだし、熱海のことばかり考えてしまう。でも、それだけじゃなく、これからは自分の求める暮らしをつくっていくことも大事にしていきたい。



at 06:59, 市来 広一郎, エッセイ・雑記

comments(0), trackbacks(0), pookmark



空って、こんなにきれいで、そして、気持ちのいいものだったんだ。

朝の空を眺めるたびに、そう思う。

吸い込まれていきそうになる。



at 06:07, 市来 広一郎, エッセイ・雑記

comments(0), trackbacks(0), pookmark



朝の過ごし方



ここ最近、朝の理想的な過ごし方を模索してる。

ヨガしたり、散歩したり、ブログ書いたり。芝生に寝転がったり、仕事したり。

どうやら、ヨガとか散歩したりしてから、仕事するなりのアウトプットするのが、一日の始まりとしては一番フィットする。

いままでは、起きてからいきなり仕事したり、考えごとしたり、学び事したりとしてたいたけれど、朝、身体を動かしてからの方が頭がすっきりする。

かといって身体動かしてから、のんびり過ごしてしまうと、なんだか一日がスローペースになってしまう。

スローな時間とスピードある時間の両方があると快適だ。


そして、ヨガは室内でやるのと、海辺で太陽浴びながらやるのじゃ、全然違う。
海辺でやると、身体とココロが解放される。

でも、室内で、ガラスの向こうで誰かがヨガやっているのを横目に見ながら、仕事をするのは悪くない。


朝の時間、もっといろいろやってみたい。

at 08:02, 市来 広一郎, エッセイ・雑記

comments(0), trackbacks(0), pookmark



豊かな暮らし を考える

僕らは「100年後も豊かな暮らしができるまちをつくる」ことを事業の理念に掲げている。

豊かな暮らしって何だろう、と思う。

僕にとって豊かな暮らしをしているなあと実感できることは、こんなようなこと

朝早く起きて、自然や自分自身と向き合う時間を持つこと、

たまに旅に出て、見ず知らずの土地で見ず知らずの人たちやモノたちと出会うこと、
本を読んだり、アートに触れたり、大自然を体感したりして、世界と触れること。

心置きない仲間や、大切な家族と過ごす時間を持つこと、
新しい人と出会い、同じ価値観や違う価値観に触れることのでき、新しい発見のあるような会話をすること

自分の生き方、価値観を貫けるやりがいのある仕事をしていること

新鮮で身体によい健康的な食事をしたり、お酒を飲んだりしていること。

まちを歩き、古くから根付く文化、生活文化に触れ、その土地ならではのものに触れられる環境で暮らすこと
スポーツや畑仕事などをして汗を流すこと

創り手の顔が見えるものに日々囲まれていること

そして消費ばかりでなく、何かを創る時間を持つこと。

こういう暮らしが毎日できていたら、幸せだ。

at 05:46, 市来 広一郎, エッセイ・雑記

comments(0), trackbacks(0), pookmark



朝陽



思い悩んで、しかめっ面した顔も、この朝陽をみたら、自然とほころぶ。

at 04:59, 市来 広一郎, エッセイ・雑記

comments(0), trackbacks(0), pookmark



熱海市長選挙をきっかけに考える、まちとの関わり

9月7日に熱海市長選挙がある。
皆さん、知っているだろうか。

ちょうど8年前、市長選挙があった頃が、僕が熱海に関わり始めた頃だった。

まちづくりを仕事にする僕は、政治との関わりには一線を引くようにしてきたし、それはこれからも変わらないと思う。

政治家のために市民を動かすのではなく、市民のために政治家を動かすこと。

誰かの応援をお願いするよりも、一人一人の市民が自ら決めて、投票できるためのサポートをすること。


選挙に無関心なのは、いいとか悪いということじゃない。特に熱海市など、基礎自治体の首長を選ぶ選挙は、生活に直結する。自分たちの生活に影響があることなのだ。ものすごく。

でも、それは普通に暮らしてるだけでは見えづらい。

僕らは、まちづくりの仕事を通して、年々、行政とは深い関わりあいがでてきた。

そこで、素晴らしい行政マン達にも出会ってきたが、大きな壁に直面することも、しょっちゅうだし、これまでのやり方に疑問を持つことも、しょっちゅうある。一(いち)行政マンでは変えられない問題も多くある。
トップでなければ、トップの決断がなければできないことが山ほどある。


だから、熱海市長が次、誰になるかは、そして、何をやるかはものすごく重要だし、そして、熱海市長になる人がどう行動するかは、私たち市民の関心の持ち方と、政治との付き合い方次第だとも思う。

いま熱海は、このままいけば問題ないかというと、そんなことは全然ない。
いま熱海ではいろんな活動が起き始め、面白いことがいろいろと起こりそうな予感はしているが、問題の進行具合からすると絶望的なほどに距離が遠い。(細かいことはまた書くけれど、)はっきり言って状況は悪化している。


今回、身近な方が市長に立候補したことで、自分と選挙との関わり方をものすごく意識し、そして悩みに悩んだ。

はっきり言って、僕個人としては誰に投票するかはもう決めている。
でも、僕がやりたいこと、やるべきことは、多くの方々に熱海の現状、現場の状況や課題を知ってもらい、また逆に教えてもらうことだ。そして、市長候補者の誰が何を考えているのかを知りたいし、伝えていきたい。
僕が投票する人を決めているのは、これまでまちづくりに関わってきて、判断できるだけの、いろいろな情報を得ているから。
僕が伝えて、別の方に投票することもあるかもしれない。でも、十分な情報を得て、その人がそれを選ぶのであれば、それはよいと思う。

僕が自分のスタイルを貫き通すように、僕は他の方々がその人の価値観を大事にすることは尊重したい。

一人一人が自立し、自主性をもって社会に、地域に関わり、つくっていく。そんなまちこそが理想だから。




at 08:37, 市来 広一郎, エッセイ・雑記

comments(0), trackbacks(0), pookmark



朝日を眺めながら、感じ考えたこと

おはようございます。 おとといから朝、日の出とともにサンビーチに出て来て、ヨガをやり、海に入ったり、考え事をしたりしている。 いかにこういう時間を持つことが大事か、実感する。 なんて豊かな暮らしができてるんだろう、って思う。 7年前、東京の暮らしを捨て、この熱海での暮らしを選んだ。 長らく忘れていたのですが、自分自身が選びとったのは、 まちづくりをやって生きていくことだけでなく、こうしたライフスタイルを選んだのでした。 朝、日の出とともに起き、昼は仕事に励み、たまに畑などで土に触れながら過ごし、夕方からは家族や仲間と共に過ごし、温泉で心身ともにリラックスしてから眠りにつく。 こうして朝の豊かな時間を過ごすと、 日々、熱海のまちづくりという僕の人生をかけた仕事に励みつつも、そこに埋没し、見失いそうになっていた自分自身に気づく。 周りからの期待、プレッシャー、周りの目線、いろんなものを気にして、言いたいことも言えず、やりたいこともできていなかった自分にも気づく。 しがらみのないはずの自分が、しがらみに覆われて行くことに気づく。 でも、それも自分次第。 豊かな暮らしを創りたい。 そのために自分は熱海に帰ってきたのだ。 豊かな暮らしをつくる、自分自身が豊かな暮らしをすることこそが大事なのだ。 そしてそのために自由に自分のスタイルを生き抜くこと、これもまた大切にしていきたい。 それにしても、朝の時間って豊かだな、と思う。

at 06:04, 市来 広一郎, エッセイ・雑記

comments(0), trackbacks(0), pookmark



Dual Life Atami

このままでは、都会も田舎も未来がない

都会に田舎が入り込む
田舎に都会が入り込む

都会は都会
田舎は田舎

でも、つながれば面白い

つなぐのは活動じゃない
暮らしだ

そんな暮らしをつくっていきたい

Dual Life Atami
熱海と都会をつなぐプロジェクト





なんとなく、思い浮かんだ言葉を書いてみました・・・。

at 12:27, 市来 広一郎, エッセイ・雑記

comments(0), trackbacks(0), pookmark



まちづくりと経営に大切なもの目標と仲間

昨日、ETIC.のSUSANOO(スサノオ) http://susanoo.strikingly.com/
というプログラムに、一期生として、選考で選ばれたので、キックオフイベントに参加してきました。


昨日は、海外、日本で多数のスタートアップに関わってきた孫泰蔵さんのお話を聞きました。
まちづくりや経営と、いろいろと実践してきたからこその新たな気づきが盛りだくさんでした。

昨日のお話のポイントをいくつか書くと
・ビジョンをつくれ。
・苦楽を共にできる仲間、が最大の財産。仲間を探せ
・目標(KPI)を決めろ。
・100の議論より1の行動 
・手を動かしてやってみると、頭がちぎれるくらい考える、をひたすら繰り返す

中でも目標、のことに関して・・・
ジャンプして届いた地点の1cm上に線を引く、すると達成する「絶対これ越えようぜ、をやる」
目標がはっきりすると、人は頑張る
事業計画を立てる、はこの補助線を引く、ということ。

というのは改めて、そうかそういうことか、腑に落ちました。


あと、今回のこのプログラムは創業メンバー2人以上で応募しなきゃならないということでした。
起業家は一人では心が折れる、と。シリコンバレーのベンチャーキャピタルもワンマン経営者には投資しないそうです。
このプログラムには今年からatamistaの仲間に加わってくれた三好さん、そしてこの3月から混流温泉文化祭で熱海を賑わせた現代アート作家の戸井田さん。
共同創業者がいるって大事、ってほんと思います。(この二人だけではないですが、)この二人との出会いはとても大きい。

これからこの3人でまずはゲストハウスを始めていきます。



SUSANOO。この場から何が生まれるか、まだよくわからないのが正直なところですが、
熱海での実践を通じて、そして事業を成長させ、また熱海というフィールドを提供しながら、
このSUSANOOに貢献していけたらと思います。


at 08:23, 市来 広一郎, エッセイ・雑記

comments(0), trackbacks(0), pookmark




google analytics