<< 熱海の日常を伝える本をつくる | main | 熱海の日常を発信する本づくり >>

ファンゴ 温泉泥

昨年からNPO法人エイミックの理事になった。
昨日は2ヶ月に1度のエイミックの理事会。理事会の後半は、イタリアにファンゴ視察に行った理事の方からのファンゴの視察報告会となった。

  • ファンゴとは、温泉泥を使ったトリートメントで、イタリアでは温泉療法としておこなわれ、公的な保険の適用もされている。
  • イタリアでは、ファンゴをやる際に、医師の処方箋をもらってから行う。
  • 使う泥は、湖の底の泥などを温泉に浸し温泉のミネラル分等を吸収させると同時に、発酵させ、藻やコケ、微生物を培養する。
  • ファンゴ(泥)は(温泉)水よりも熱容量が高く、保温効果があるとのこと。
  • イタリアでは21万人が利用している。
  • 日本でもいくつかの地域で行われているが、エステとしての利用で温泉療法としてではない。



さまざまな入浴法(8) 鉱泥浴(泥風呂) on YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/tabi/domestic/kenkouhou/20060329tb04.htm

ファンゴ(泥トリートメント)療法とは全身泥パック!
http://www.reflexology-life.com/archives/50552816.html


富山県 砺波市 庄川温泉旅館 三楽園
http://www.sanrakuen.com/
三楽園エステシャンの方のブログ
http://ameblo.jp/fango-project/

別府八湯ファンゴティカ
http://www.f-disse.com/?cid=27747

別府ONSEN文化国際交流チーム 欧州へ
http://www.coara.or.jp/~sanken/onsen/houkuku.html


JUGEMテーマ:地域/ローカル

at 07:01, 市来 広一郎, 事例紹介

comments(0), trackbacks(0), pookmark



comment









trackback
url:http://blog.atamista.com/trackback/1140028

google analytics