<< ファンゴ 温泉泥 | main | 熱海のもったいない施設 >>

熱海の日常を発信する本づくり

 
昨日はオンたまの事務局ミーティングにて、今日のオンたま実行委員会の準備や春オンたまの事務局案づくりを行った。

その後、Cafe KICHI へ向かい、おいしいカレーを食べつつ、オンたまのガイドブックをガラっと変えた「熱海の日常を発信する本」づくりについて話をした。盛岡のミニコミ誌「てくり」や金沢の「そらあるき」の話や、それを売っている本屋さんの話を教えてくれたのは、Cafe KICHI だった。

この本づくりについては、このブログに書いた後すぐに、「何かできることがあれば」と、熱海出身で同級生のフリーライターをしている友人から連絡をもらった。

わずかだが、 一歩ずつ前進。


JUGEMテーマ:地域/ローカル

at 07:39, 市来 広一郎, ビジョン・構想

comments(4), trackbacks(0), pookmark



comment
HALa9000, 2010/01/20 11:57 PM

ちょうど、先日、
はじめてCafe KICHIへ行ってみたところです。いいカフェですね〜。
本企画も面白そうですね。

いちき, 2010/01/21 9:35 AM

HALa9000さん、コメントありがとうございます!

いいカフェですよね。すごく好きです。そして、Cafe KICHIさんの存在は、まちづくりする上でも勉強になります。

この企画の件、HALa9000さんにもお話したいなと思っていたところです。



チョイ310, 2010/02/09 2:16 PM

熱海の日常を発信する本づくりの件

その後、どうなっていますか?

いろいろな案考えています

いちき, 2010/02/10 7:11 AM

ありがとうございます。

一度、打ち合わせの場をつくろうと思っています。

ご連絡します。










trackback
url:http://blog.atamista.com/trackback/1140029

google analytics