<< 2010春オンたま始動 | main | ワークショップで組織文化が変わる >>

故郷(ふるさと)

自分ではない誰かによってつくられた社会で、与えられた環境の中で、
言いようのない閉塞感を感じて生きている今の社会。

そうではなく、

一人ひとりが地域(社会)に参画し、地域(社会)をつくっていける社会。
そして、その地域こそが、自分の故郷(ふるさと)となり、その故郷にたいする誇りが生まれる。

地域の中で、自分の仕事をつくり地域をつくる。
それができたら地域に対する愛着は一層強いものとなる。

そのために、体験する→つながる→行動する→自立する ことができる場をつくる。


故郷は、受け継ぎ、つくり、次の世代に渡していくものだ。


JUGEMテーマ:地域/ローカル
 

at 08:18, 市来 広一郎, ビジョン・構想

comments(0), trackbacks(0), pookmark



comment









trackback
url:http://blog.atamista.com/trackback/1140032

google analytics