<< チャレンジを応援できる地域 | main | 初島、下多賀、現場回り >>

地域の中の旅館

 ある地域の方から聞いた話。

「旅館は今まで自ら顧客を獲得しようとしてこなかった。エージェントに頼っていた。

旅館組合はビジョンがない。
10数年前から会合に参加しているが、5年後、10年後、・・・をどうするか?
そういった話合いが一度も行われたことがない。」


旅館は観光地にとって、地域の経済と文化を支えてきた存在、と言える。
新しい時代の新しい旅館の形、地域に対しての新たな貢献の仕方が求められている。

旅館の人たちとも、もっとこれから地域づくりを一緒に取り組んでいきたい。


JUGEMテーマ:地域/ローカル


at 08:36, 市来 広一郎, 熱海や社会の現状と課題

comments(0), trackbacks(0), pookmark



comment









trackback
url:http://blog.atamista.com/trackback/1140043

google analytics