<< ファーマーズカフェ リンデンの壮大な構想 | main | 熱海の昭和の匂いをたどる >>

映画「愛のむきだし」

評価:
---
アミューズソフトエンタテインメント
¥ 4,162
(2009-07-24)

もの凄い映画を観た。

「愛のむきだし」
http://www.ai-muki.com/

引き込まれ、笑い、ドキドキし、怒り、泣き、そして叫び、そして最後は心の底から笑った。
心の中のすべてが吐き出され空っぽになったような、そんな気がした。

人生って、世界って、こうなのかもしれない、そう思った。




園 子温(その しおん)監督、やはり素晴らしいです。

ただ、刺激は強すぎるほど強いので、ご注意を。




トークイベント「『愛のむきだし』を楽しむために」
http://filmex.net/mt/dailynews_2008/2008/11/post_17.html


映画内の・・・架空のカルト教団「0教会」における宮台真司の似非説教全文
http://d.hatena.ne.jp/gginc/20090810/1249854154



JUGEMテーマ:映画

at 09:39, 市来 広一郎, 旅・音楽・映画・禅・サッカー

comments(2), trackbacks(0), pookmark



comment
チョイ310, 2010/02/23 9:35 AM

8mmの作品ですが、この監督の「決戦!女子寮VS男子寮」って見ていますか?見慣れた日常空間を、カメラと照明を駆使し、異化し狂気化させる技、なかなかだと思います。詩人ですね。

市来 広一郎, 2010/02/23 9:39 AM

観てないです。

観てみたいものです。










trackback
url:http://blog.atamista.com/trackback/1140065

google analytics