<< 多賀の長浜 | main | 7/4 早稲田まちづくりシンポジウムに参加します >>

想いを持ったオンたまパートナーさんたち

 ここのところ、熱海市内をいろいろ飛び回っています。

オンたまの体験プログラムの企画のためです。

様々な事業者さんのところに行き、それぞれの活動における課題や、夢や目標、すぐにやってみたいこと、長期的にやってみたいと思っていることなどなど、様々なお話を聞いています。


○加藤明子さんはヨガを通して、地域の交流の場をつくろうという想いで動いています。
7月6日よりのヨガ教室が始まります。


○多賀観光協会では、長浜にて9月から毎週土日特設市が始まります。地元の農産物を販売したり、飲食の出店が出たりします。長浜の海岸を地域活性化の拠点にして、観光だけでなく、雇用が生まれる場、地産地消を推進する場としても活動していきます。今後が楽しみです。

○元ボクサーの古川さん
ボクシングを通して、スポーツ振興や熱海の活性化を、と行動されています。
空き店舗も有効活用できないかということで、ボクサイズなどを空き店舗で行えれば、と。
秋のオンたまでは、ボクササイズや激しい(?)ミット打ち体験を計画中。

○日本画家、坂本武典さん
熱海をもっと芸術・文化が日常的に体感できるまちになっていったら、という想いで、何かできないだろうかということを思案中。空き店舗をギャラリーにすることができたら、という想いも。
数か月前にやっていた、花屋の「萌」さんとのコラボによる起雲閣での花と絵画の展示は、めちゃくちゃカッコよかったです。


・・・と、まだまだいろいろ書きたいですが、今日はこの辺で。
6月30日で、秋オンたまの企画の応募を締めきりました。
40近い応募がありました。ありがとうございました。


今度の秋のオンたまは10月〜11月の間の1カ月程度、40プログラム程度で行います。
オープニングイベントも開催。

お楽しみに。




at 22:46, 市来 広一郎, 熱海の人や活動の紹介

comments(0), trackbacks(0), pookmark



comment









trackback
url:http://blog.atamista.com/trackback/1140136

google analytics