<< 3331 Arts Chiyoda に清水義次さんを訪ねる | main | 熱海〜多賀、海辺のサイクリング と インフラストラクチャー >>

ローマ人の物語

評価:
塩野 七生
新潮社
¥ 420
(2002-05)
コメント:ローマ人の物語、第1巻。 これを読み始めたときは、本当に最後まで読みとおすとは思わなかった。 けれど読み始めたら、止まらなかった。

「ローマ人の物語」を読んでいる。
文庫本で読み始めて、文庫の最新刊の40巻まで読み終わった。

1千年以上も続いたローマ帝国の話。
世界史をちゃんと学んだ経験がないので、ローマ帝国のことは全然知らなかった。

ギリシア・ローマ文明にはなんとなくの共感を持っていたが、紀元前700年頃から紀元400年頃までという時期にこんなスゴい国があったのか、と思う。
寛容、合理的、ローマ人の価値観に共感するとともに憧れてしまう。一度はローマを、ローマの時代の帝国全土を見てみたい。そう思った。

ローマの勃興、成長、成熟、衰退。
衰退に向かうにつれて、ローマがローマでなくなっていく。
キリスト教化していくローマ。

衰退に向かう国、組織ではこんなことが起こるのか、そしてその時点ではささいだった変化が後々大きな後戻りできない変化をもたらすことになるのか、など様々なことを気づかせれ学ばされた。

国のことだけではなく、まちづくりや企業や組織の経営、リーダーの姿勢について、様々な視点から興味深く読めてしまう物語だ。

インフラストラクチャーとはこういうものだったのか、ということも考えさせられた。

残りはまだ文庫版が出ていないため単行本であと1巻、またあっと言う間に読んでしまうと思う。


at 09:54, 市来 広一郎, 旅・音楽・映画・禅・サッカー

comments(0), trackbacks(0), pookmark



comment









trackback
url:http://blog.atamista.com/trackback/1140161

google analytics