<< 地域イノベーター養成アカデミー(ETIC.)開催のお知らせ | main | これまでの変化、これからの変化 >>

熱海で「慶応大学SFC研究所 電子自治体ラボ ICT FORUM」

熱海、起雲閣で行われる、「慶応大学SFC研究所 電子自治体ラボ ICT FORUM」 のご案内です。
クラウド・セキュリティに関してオバマ大統領に提言を行うWyatt Starnes氏が熱海に来ます!

--------------------------

第一回 慶應義塾大学SFC研究所 ICT FORUMのご案内
=東日本大震災で直面したICTシステムの課題とクラウドへの期待=

慶應義塾大学SFC研究所 電子自治体開発・研究ラボラトリ(代表:環境情報学部教授 武藤 佳恭)は、同研究所 地域情報化研究コンソーシアム(代表:総合政策学部 國領 二郎学部長、教授)および熱海市との協力により、「SFC研究所 ICT Forum」を熱海市の起雲閣にて開催することとなりました。
第一回は、このたびの東日本大震災で浮き彫りとなったICTシステムの課題とクラウド・コンピューティングへの期待を取り上げるとともに、米国The TechAmerica Foundation CLOUD2コミッショナーとして、産官学を代表してクラウド・セキュリティに関してオバマ大統領に提言しているWyatt Starnes氏をお招きし、クラウド・コンピューティングに関する米政権への提言につきその骨子を伺うとともに、クラウド・コンピューティングによるイノベーションにかかわる公共政策 またその普及と導入に関して米国のセキュリティ最新動向を伺います。

            


1.開催日時 :2011年 7月26日(火) 13:00〜15:00

2.場所 :熱海市起雲閣音楽サロン 静岡県熱海市昭和町4-2

3.プログラム:
(1) 挨拶 (熱海市長 齊藤 栄)
(2) 東日本大震災で直面したICTシステムの課題とクラウドへの期待(20分)
:講演とクラウド・セキュリテイ事例デモ
(環境情報学部教授 武藤 佳恭)
(3) クラウド・コンピューティングの展開と推進に関する米政権への提言(40分)
:大震災や災害等の危機管理も踏まえたクラウド・コンピューティングの位置づけと特に公的セクターへの推進上の考慮点について講演
(Mr. Wyatt Starnes,The TechAmerica Foundation CLOUD2コミッショナー)
(4) クラウド・コンピューティングのイノベーションにかかわる公共政策とセキュリティ(45分)
(熱海市長 齊藤 栄、環境情報学部教授 武藤 佳恭とWyatt Starnesによる問題定義と意見交換)
(5) 質疑 (上記キーノートスピーカーとForum 参加者との質疑応答)(15分)

4.参加料 :無料(今回は会場入口に募金箱を設置しておりますので、東日本大震災の被災者の方々にご寄付を戴きたくお願い申し上げます。日本赤十字社を経由して被災地の方々にお送りする予定です)

5.主催/協力 :慶應義塾大学SFC研究所 電子自治体開発・研究ラボラトリ/
慶應義塾大学SFC研究所 地域情報化研究コンソーシアム、熱海市

6.協賛企業 :サイエンスパーク株式会社、京セラコミュニケーションシステム株式会社
 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社、株式会社ソルクシーズ、クオリティ株式会社

7.申込み方法 :添付の『ICT Forum申込書』にご記入の上、下記メールアドレスまでご返送ください。

【申し込み・問い合わせ先】:慶應義塾大学 SFC研究所
電子自治体開発・研究ラボラトリ
事務局 新宅 一憲
メールアドレス:kazunori.shintaku@proof.ocn.ne.jp

at 08:12, 市来 広一郎, イベント

comments(0), trackbacks(0), pookmark



comment









trackback
url:http://blog.atamista.com/trackback/1140192

google analytics