<< atamistaが、熱海市長になる人に聞きたい4つのこと | main | 空 >>

孤立するお年寄り ー あらゆるまちづくりは現場にいる起業家から始まる

急増する、孤立するお年寄り。 
路地で車が入れないところや、急な階段を通らないと外に出れないところに住んでいる方々がいます。エレベーターのないマンションのために外に出れない方々もいます。 買い物も、病院に行くことさえ、ままならない、自宅から出ることができない。 こんな暮らししかできないなんて、悲しい。やりきれない気持ちになります。 

でも、そうした人々の支援をしている方々がいます。 伊豆おはな、の河瀬さんご夫妻です。 http://izuohana.com 昨年、介護保険タクシーを開業しました。 介護保険が使えるタクシー。安価で利用できます。 地域に新たなプレイヤーが誕生したことで、問題解決に向かう新たな道筋が見え始めるのではないでしょうか。 

おそらく現場で行動されている、ケアマネージャー、ヘルパー、看護師などの介護に関わる方々はこうした問題を知り、そのためにどう解決していったらよいか問題意識を持っている方々も多くいるのではないかと思う。

しかし、おそらく日々の多忙で大変な仕事の中でそうした問題解決の行動までは十分には動けないし、どうしたらよいかわからない、ということもあるんじゃないか。だから、全体を俯瞰してこの問題を根本的な解決に向かうのは難しいのではないかと思う。 

そこに必要なのが、こうした問題を解決に動く、誰よりも現場のことを知る起業家であり、その問題を解決するために汗をかき、智恵を絞る現場の行政マンだと思う。そしてこうした問題解決や進むべきビジョンを示すのが、起業家や行政トップの役割だと思う。 

今度の市長選でも、ここに挙げた一例に過ぎない問題だけでなく、介護や高齢者に関わる諸問題に正面からぶつかり、解決を図っていくこと、それをどのようにやっていくかについての政策的な議論が巻き起こることを望む。 熱海は高齢化率が40%を超えます。人口38000人ほどのまちに、65歳以上の方が1万6000人ほどいます。全国の中でも課題が進んでいる地域なのです。 観光だけのまちづくりではなく、あらゆる分野において、こうした起業家やNPOの存在が求められています。 

こうした社会的な問題に取り組む起業家、NPOを育成する講座を開催し、起業を支援します。 介護の分野においては、看護師やヘルパーの不足も叫ばれていますが、現在は行政としてはそれに対して 介護において重要な役割を果たすレベルの高いケアマネジャーの育成も急務です。 

こうした現在ある問題に対処し、また問題を予防するためには地域で問題解決する、ビジョンを持ち、結果を出す起業家の存在が不可欠。 行政では、あらゆる問題はカバーしきれないし、手に負えません。いまは民間にもプレイヤーが足りない。起業スクールを開催して行くことや、こうした社会問題に取り組む起業家を誘致していくこと、です。

東京には様々な社会問題の解決で実績を挙げているNPOや社会起業家も数多くおり、その中には実際に活躍できる現場も求めてる方々もいます。 僕は、熱海がこうした方々が活躍する場となり、将来熱海から様々な社会問題解決に挑む起業家が全国、あるいは世界に羽ばたいて行くための拠点になることを望んでいます。

at 09:47, 市来 広一郎, 熱海や社会の現状と課題

comments(0), trackbacks(0), pookmark



comment









trackback
url:http://blog.atamista.com/trackback/1140245

google analytics