<< 孤立するお年寄り ー あらゆるまちづくりは現場にいる起業家から始まる | main | atamistaがインターンを受入れる理由、そして、20代がチャレンジする街へ >>

空って、こんなにきれいで、そして、気持ちのいいものだったんだ。

朝の空を眺めるたびに、そう思う。

吸い込まれていきそうになる。



at 06:07, 市来 広一郎, エッセイ・雑記

comments(0), trackbacks(0), pookmark



comment









trackback
url:http://blog.atamista.com/trackback/1140246

google analytics