<< 空 | main | 今日、熱海市長選挙 公開討論会 >>

atamistaがインターンを受入れる理由、そして、20代がチャレンジする街へ

atamistaでは、2011年から3年以上にわたってインターン生を受け入れている。皆、大学生でほとんどの子が半年から1年、大学を休学して、熱海に住み込みで、まちづくりの修行に来る。これまでに受け入れた子たちは11人、この8月の終わりからそこにもう2人が加わる。覚悟を決めて来た子たちばかりで、いつも刺激を受けている。

この時期になるとインターン生からインタビューを受ける
インターンを修了するにあたって、合宿に参加する前のインタビュー。

自分がなぜこういう道を選んだのか、どういう価値観を持っているのか、そしてなぜ、インターン生を受け入れているのかについて、改めて振り返ることになる。

なぜ、インターン生を受け入れるのか、理由はいくつのあるが、それは一言で言ってしまえば、若者を育てたいからだ。そして若者と一緒にチャレンジしたいからだ。

僕にとっての20代は広い世界を見た時代だった。物理学者を志していたものの、海外や国内をバックパッカーで旅するようになり、本を読むことが好きになり、小説、科学書から始まって、哲学や社会学の本を読み漁った。ビジネスの世界も知り仕事に姿勢を知り、そして一新塾と出会い、最前線で現場で政治家や起業家と出会った。
そして、自分の歩むべき道を見つけることができた。
それはこのように様々なものに出会い、多様な価値観を知り、社会への違和感も感じ、でもこの社会に眠る大きな可能性も感じることもできた。

20代には、思いっきりチャレンジしてほしい。いろんな世界を見て欲しい。そしてその中で自分の生き方を見つけてほしい。思いっきり失敗もしてほしい。身体ごと飛び込んでいってみてほしい。20代であった頃は実は辛かった。悩みばかり抱えていたような気もする。でも、それは振り返ると貴重な体験だった。

この地域や、そしてこの社会に問題に疑問を感じることがある。チャレンジを抑えつけようとすることが多々あることに。それは上の世代のエゴであったり、ときに「善意」であったりする。僕は若者のときには無謀なチャレンジを応援していきたいと思う。
若者を育てられない地域にも、若者を育てられない社会にも、未来はない。

だからって若者を甘やかすのも違う。20代は厳しい環境に身を置いたらいい。そして厳しい環境とは、チャレンジすることによって出会えるものでもある。

最近、思う。
熱海のまちは20代がチャレンジするためにやって来る場にしていき、30代が選んだ自分の生き方をしていける場にしていきたい、と。

きっと熱海・渚エリアを中心に、アートやものづくりを志す若者が暮らし、集まる場になっていく。それ以外にもアスリートなども集まってくるかもしれない。

そしてここから巣立って行く若者もいれば、熱海に残ることを選ぶ若者もいる。
でもこのまちのカルチャーの中で育ち価値観を身につけた若者が全国へ巣立っていくようになったら、と思うとわくわくする。熱海が若者を育てる

20代の若者たちのチャレンジを支えるだけの土壌、環境がこの熱海にはあると思う。

これまでatamistaで実践してきたこと、それを形を変えて、熱海という街で実践していきたい。
20代がチャレンジし、自分の生き方を見つけられる街に向けて・・・。

at 11:25, 市来 広一郎, ビジョン・構想

comments(0), trackbacks(0), pookmark



comment









trackback
url:http://blog.atamista.com/trackback/1140247

google analytics