<< atamista1,000人集まればできるワクワクする世界!クラウドファンディングの目標金額を400万円に引き上げます! | main | 熱海リノベ3プロジェクト同時オープン 6月27日にお披露目イベント >>

「あたみのつかいかたTRIP」始めます

オンたまは今から7年前、2008年の夏に立上げに向けて動き出し、第1回を2009年に開催しました。これまで、熱海温泉玉手箱(オンたま)に参加し、支えてくださった皆様、ありがとうございます。



このオンたまが開催規模としてピークだったのが2011年。1ヶ月で73種類のプログラムを企画、開催しました。その頃から、実は悩んでいたことがあります。

参加していただいた方々から、「オンたまを通年で開催できないのか?」「もっと開催してほしい」などの声をいただいていたものの、それをやっていくにはやり方を大きく変えていかなければならないと感じていました。

それはオンたまの取り組み、ひいては運営主体である私たちNPO法人atamistaの取組みが補助金に頼っていて自立できていないということでした。
ボランティアや補助金に依存するのではなく、こうしたオンたまやまちづくりの取り組みを持続させるにはどうしたらよいだろうか?

そこで私たちは、まちづくりを持続的にやっていくために、まちづくり会社をつくり、中心市街地の空き店舗や空き家を再生(リノベーション)する事業に着手することにしました。そこで補助金など税金に頼らないまちづくりのチャレンジをしてきました。その一つがCAFE RoCAというカフェであり、海辺のあたみマルシェという取組みです。

ただ、それだけではオンたまとのコラボレーションはできませんでした。私たちは「熱海を楽しむプログラムとしてのオンたまの拠点となる場所をつくり、オンたまを継続的に開催したい」とずっと思っていました。

そこで、私たちはオンたまの拠点となる場所をつくることにしました。
それが宿であるゲストハウス マルヤ(guest house MARUYA)です。私がかつてバックパッカーとして旅をしたときに強烈に印象に残った街では、ゲストハウスがあり、体験ツアーがありました。そこでの体験は忘れられません。宿泊する方だけではなく、熱海に住む方のためにも、熱海を楽しむための拠点となれる場所にしていきたいと思っています。

そして、これに合わせて、オンたまを発展させた「あたみのつかいかたTRIP」を始めます。通年を通して、熱海を楽しむプログラムを行っていきます。8月上旬には、オンたまHPを「あたみのつかいかたTRIP」へとリニューアルする予定です。

at 07:28, 市来 広一郎, オンたま

comments(0), trackbacks(0), pookmark



comment









trackback
url:http://blog.atamista.com/trackback/1140263

google analytics