<< 脱・観光なのに、なぜ宿を新たにつくるのか | main | 新たな時代の「都会と地方の関係」「企業と働き手の関係」を熱海をつかって考える >>

Forbes JAPANにインタビュー記事掲載: もう観光客増は目指さない。熱海は「サードプレイスとしてのまち」に進化する

Forbes JAPANのWEBのトップにインタビューを掲載していただきました。



クラウドファンディングで脱・観光を謳ったことはとても大きな反響をいただいています。共感のメッセージを個別でもたくさんいただきました。

そんな僕らの考えを取り上げていただきました。

もう観光客増は目指さない。熱海は「サードプレイスとしてのまち」に進化する
https://forbesjapan.com/articles/detail/28521?internal=top_firstview_01

タイトル読んで、何言ってんだこいつは、と思った方ほど中身を読んでもらえたら嬉しいです。(もちろん、そうでない方も読んでください!)


均質化への抗い。
改めて、僕らが2010年にNPO法人を立ち上げたときの設立趣旨書にはこうあります。
「どの町に行っても変わらぬ景色であるよりも、隣り町に行ったら、全く違う景色、違う文化、違う性格を持った地域であったら、隣り町に行ってみたくなる。」

町が消費されるのではなく、町の価値が磨かれていくことにこそ取り組んでいきたい。改めてそう思います。

観光客が来て消費され疲弊してしまうのではなく、よそから人が訪れるほど町の生活文化がちょっとずつ磨かれていく。そのような取り組みをこそしていけたらと思っています。

このインタビューしてもらえたことで、改めて、何を自分たちがやってきているのか、何を目指してやってきたのか、どんなきっかけがあったのか、そしてどのような課題に対峙しているのかというあたり、僕自身、新たな気づきをもらえたインタビューでもありました。

at 14:46, 市来 広一郎, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark



comment









trackback
url:http://blog.atamista.com/trackback/1140295

google analytics