<< Forbes JAPANにインタビュー記事掲載: もう観光客増は目指さない。熱海は「サードプレイスとしてのまち」に進化する | main | 熱海がいいなと思ってもぶつかる移住や二拠点居住の壁と、それを乗り越えるための入り口 >>

新たな時代の「都会と地方の関係」「企業と働き手の関係」を熱海をつかって考える

先日もご案内させていただきました、クラウドファンディングですが、お陰様で、目標を達成することができました。ありがとうございました。
これまで毎年のように新たな事業を行ってきていますが、新たなプロジェクトを始めるとその都度新たな課題もでてくるもので、何事も順風満帆にはいかないことを実感する日々です。でも、これがチャレンジしているからこそだと前向きに捉えながらやっていきたいと思っています。
しかし、この事業に関しても、ようやく金融機関の融資審査も通りまして、9月中旬頃にはまた熱海銀座にて宿のプレオープンができる予定です。

【脱・観光地宣言】熱海に“暮らす”ように泊まれる宿「ロマンス座カド」をつくります
https://camp-fire.jp/projects/view/178684

クラウドファンディングもさらなる目標を設定し、8月11日まではご支援いただくパトロンさんを募集していますので、ご興味ありましたらこちらお読みいただければ嬉しいです。

脱・観光というと地元の観光に携わる方からは「観光地熱海をつぶす気か」とも言われましたが(笑)、テーマパーク化した観光地では未来はなく、観光から定住までの間のグラデーションある暮らし方ができる街こそがこれからの時代大事なのではないかと思っています。訪れる人も地域で暮らす人も疲弊する消費型の観光でなく、訪れる人にとっても地域にとってもwin-winへ。それが目指す姿です。



今回のお知らせでは、こんな「脱・観光」をテーマにしたトークイベントや、そして企業さんとのコラボレーション・プロジェクトや、「働き方」「働かせ方」をテーマにしたATAMI2030会議のご案内などをお送りします。

都会と地方の関係、企業と働き手の関係も新たな時代のあり方を模索し、それを熱海という場をつかっていい形で実験できたらと思っています。そんなことに関連したお知らせです。

JUGEMテーマ:地域/ローカル



---------------------------------------------------------------
1.8月7日(水)19:30〜21:00 開催 @東京・半蔵門
熱海を通して地方を考える vol.2 
『脱・観光の地方との関わり方』
 https://peatix.com/event/1069364
---------------------------------------------------------------
来週8月7日(水)、東京にてトークイベント開催します。ご興味ある方ご参加ください。
私たちが運営する熱海のコワーキングスペースnaedocoと、会場となるコワーキングスペースLIFULL HUBによるコラボイベントです。7月から10月まで毎月1回開催します。

第二回目の今回のテーマは 『脱・観光の地方との関わり方』
単発で観光で訪れるだけじゃない、より日常的なサードプレイスとしての地方の関わり方を考えていきます。

一時の衰退からV字回復を遂げ話題の観光地、熱海。
再び観光客が増加するに伴い、まちが「均質化」していく一面も見えてきました。

■かつての熱海は、文化人などクリエイティブな人々が熱海を好み、
滞在し、そこから文学や音楽などのカルチャーが生まれてきました。
歴史的に見ても、常に外から来た人たちが文化をつくってきた街だからこそ、外の人たちがこれからの熱海の文化をどうつくっていけるのか考えていきたいと思います。

■熱海の現状などもお話しつつ、「センシュアス・シティ」「住宅幸福論」などのレポートで有名なLIFULL HOME'S総研所長の島原万丈さんと、また東京ピストル編集長の鈴木聡さんと、一過性の観光客が集う街ではなく、クリエイティブな人たちが集まる街をどのようにつくっていくか、都会に暮らす側からの目線で、これからの地方のまちの使い方について、ディスカッションしていきます!

【日時】8/7(水)19:30-21:00頃(※受付19:15〜)
【場所】LIFULL HUB
 東京都千代田区麹町1-4-4 2F
 半蔵門駅 徒歩4分/麹町駅 徒歩7分
【定員】30名
【参加費】一般 1,000円(※ドリンク付き)

【申込み】Peatixよりお申込みください。
  https://peatix.com/event/1069364
  ※キャンセルは前日まで承ります。


---------------------------------------------------------------
2.8月4日(日)締切
様々な社会課題を解決する事業創発の機会
OPEN SWITCH アイデアピッチコンテスト 2019
https://lifull.net/openswitch/
---------------------------------------------------------------
様々な社会課題を解決する事業創発の機会
「OPEN SWITCH アイデアピッチコンテスト 2019 powered by LIFULL」
に、私、市来と熱海の創業支援プログラム99℃マネジャーの今井がメンター・審査員として参加いたします。またこちらのピッチコンテストの企画にも携わっており、8月には熱海での1日の合宿的なものも開催します。応募は、8月4日まです。

社会課題を解決する事業を考えている方、ぜひこちらのサイトをご覧ください。

こちらは、不動産情報サイトのHOME'Sを運営するLIFULLさんの企画です。
LIFULLの役員や社員のみなさん方が、最初は熱海に研修に来ていただいたところからのご縁でこのような企画にも携わることにつながりました。
最近はベンチャー企業や大企業さん向けの研修を熱海でさせていただいたりもしていますが、研修に留まらず、こうした、企業とのコラボレーションプロジェクトも今後行っていきたいと考えています。ご興味ある方はご連絡ください。

熱海の現場で社会課題の解決に事業として取り組んできたことを、こうした形で企業さんとコラボレーションして少しでも役立てれればとも思います。



---------------------------------------------------------------
3.9月24日(火)開催 ATAMI2030会議@熱海
「地方企業の「働かせ方」改革 熱海から本気で考える「働き方」と「働かせ方」」
http://renovation-atami.net/2019/07/20/2019_2nd/
---------------------------------------------------------------
今年度の2回目のATAMI2030会議を開催します。テーマは「働き方」「働かせ方」。

4月から本格的に「働き方改革」へ踏み出し、私たちは試行錯誤の中にいます。複業、二拠点、テレワーク、ワーケーションなど「個人」の働き方には徐々に幅や選択肢が生まれてきましたが、一方で「企業」はどうでしょうか。 いまや日本全土で起こっている人材不足。「良い人材が来ない」「そもそも採用が難しい」のは“地方だから”ではありません。変化する社会や個人の働き方に合わせ、企業側は社員の「働かせ方」を本気で考える時期に来ています。現状維持ではもはや生き残れない時代。先々を見据えた本気の議論をし、まずは自社の「働かせ方」を見直すことで、人口減や少子高齢化の変化に柔軟に対応していけるしなやかな企業、そして熱海を一緒に作っていきましょう。

・ゲストトーク 「地方の人材不足を解消するための新しい“働かせ方”」 木下 斉(Hitoshi Kinoshita)氏
・ATAMI2030会議座長 清水 義次(Yoshitsugu Shimizu)氏

【日時】2019年9月24日(火) 18:00-20:30
【会場】熱海市内(詳細は決まり次第お知らせします。)
【参加費】無料

at 13:09, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark



comment









trackback
url:http://blog.atamista.com/trackback/1140296

google analytics