<< ロマンス座カド、クラウドファンディング目標の215%達成。ありがとうございました。 | main |

ロマンス座カド オープン遅延についてのご説明

私たち、熱海のまちづくり会社 machimori の新たなプロジェクト、ゲストハウス「ホテル ロマンス座カド」のオープンを心待ちにしていただいている、皆様にはいつオープンするんだと、ご心配やご不安等をおかけしていることと思います。

当初、9月中旬を予定していたオープンが大幅に遅れてしまい、たいへん申し訳ありません。2ヶ月近く遅れてしまっており、またさらにオープンが遅延する状況となってしまったため、皆様にここまでの経緯をしっかりとお伝えすべきと思いご説明します。

オープン遅延のお詫び【これまでの経緯をお伝えします】
https://camp-fire.jp/projects/178684/activities/103365#main
こちらにも掲載しましたが、以下にも書きます。



■そもそもの工事の分担
ビルオーナーさん側が設備等の工事(いわゆるB工事)を行い、私たちmachimoriが内装工事等(いわゆるC工事)を行ってきていました。
ビルオーナーさん側が発注する工事業者と、私たちが発注する工事業者も異なります。

■起きたこと
今回の私たちのC工事を進める中で、B工事段階での設備工事等の不具合が多発し、私たちの工事がなかなか進捗しない状況や、工事の手戻りが多数起きている状況です。私たちがお願いしている、設計士さんや工事業者さんにもかなり無理をお願いして様々な対応をしていただいてきました。

■現在の状況
以前もお伝えした通り、すでに消防検査や保健所の検査は済んでおり、法的な許認可手続きは完了している状況です。(保健所からの営業許可証も本日届きました)

そこで10月中にはオープンできるのではないかと考えていたのですが、ここでまた設備面での重大な工事不良が発覚してしまいました。

原因と対策
オーナーさん側の設備工事完了時のチェックを綿密に行っていなかったことも、工事進捗後に重大な不良が発覚した原因です。初期段階で発覚していればこのような遅れにはなりませんでした。ただし、通常の工事では考えられないような想定外の工事不良でもあったため、発見が遅れてしまった側面もあります。


これまではビルオーナーさん側の工事業者さんに設備工事をしていただいてきました。オーナーさん側とも密なコミュニケーションをとり、ここまで誠意をもって対応はしてくださっているものの、それではまた同様の不具合も出てしまう可能性もあるため、地元の工務店さんに工事をしていただくこととなりました。


■今後について
クラウドファンディング時にもお知らせしておりました11月9日のオープニングイベントには間に合うようにスケジュールを組んでいますが、かなりの急ピッチでの工事となるため、少しでも遅延要因が生じれば間に合わない可能性も残ります。

そのためオープン決定の判断は、状況を見ながら確定した段階でお知らせする形にさせていただければと思います。

at 09:51, 市来 広一郎, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark



comment









trackback
url:http://blog.atamista.com/trackback/1140300

google analytics