<< いまここといつかどこか 〜映画 「ホテル ルワンダ」「力道山」〜 | main | 熱海を知る >>

メディアの及ぼす影響 〜自殺報道について〜

普段、ほとんどテレビを見ることはないのだが、最近ひさしぶりにニュース(ワイドショー?)を見た。

必修科目の未履修や自殺の問題で、学校教育の制度や風土に対する批判のようなものが出ている。

教育については、いろいろと考えるところもあるが、今日はそれを報道するメディアの方について一言。

特に自殺の問題について。

10代の自殺者数は、国内全体の自殺者数の増加と共に、近年増加傾向にある。





いじめの発生件数は95年をピークに減少をしており、いじめによる自殺が増加しているとは言えないが、10代の自殺者数は1990年頃を境に増加している。


このような状況で、自殺の問題が取り上げられること自体は、必要なことであると思う。しかし、その報道の仕方に問題がある。

「自殺を予防する自殺事例報道のあり方について」のWHO勧告(1999年) というものがある。(詳細はライフリンクHP )

これによると、自殺報道は自殺を防ぐことに主眼が置き、興味本位でいたずらに不安をあおったり、自殺を促進させるような報道は避けるべきである、ということが主張されている。そのため、遺書や写真、自殺手段は公表は避けるべきだという主張である。
現在のマスコミの報道を見ていると、この勧告内容とは正反対のことを行っている。

マスコミは、他者を批判したり、犯人探しのようなことをしている。それはもしかしたら(多くの)視聴者の側が求めていることかもしれない。
けれど、その報道によって及ぶ影響について、自覚があるのだろうか。
つまり、このような場合、自殺報道をすることによって自殺者が増加するかもしれないというリスクに対する認識はあるのだろうか。
このような自覚がなかったら困るが、自覚があるにも関わらずこのような報道を続けているとしたら、その方が問題である。

マスコミの報道を見ても、いたずらに不安を煽ったり、一時的なガス抜きを行ったりしているだけで、事実は何もわからない。
このようなマスコミは自然に淘汰されるのか、それともこのようなマスコミに対するニーズはあり続けるのか。
これは、報道を享受する側の民度にもよるかもしれない。


−関連する当ブログの過去記事はコチラ


−データ引用−
■10代の自殺者数:リンク

■いじめ発生件数:リンク

■10代人口の推移:リンク

at 23:15, 市来 広一郎, 熱海や社会の現状と課題

comments(1), trackbacks(0), pookmark



comment
夫徳柱, 2006/11/07 5:10 PM

atamistaさん

突然ですが、はじめまして、夫徳柱(フ トクチュウ)と申します。自身についてはatamistaさんのご友人を通して耳に挟まれているかもしれませんが(これはもうしばらく前になってしまうと思います、、)、僕がatamistaさんを知ったのは今年の夏、それからずっと、1度コンタクトを持たなければと思いながらこんなに遅くなってしまいました、、バタバタしていたとはいえ、大変申し訳ございませんでした、、(しかしこの間、ほぼ毎日、1日1度はこのブログを拝見させてもらっています)。

僕の名前は少々変わった名前ですが、自身は昨年の秋に大学院を卒業し、現在は東京の杉並区に事務所を構え、設計やまちづくりの活動に取り組んでいる毎日です、、。

縁があってこの3月から熱海でまちづくりに取り組むことになり、まだわずかな期間ですが、「熱海の活性化」をテーマに、東京−熱海間を往復しながらささやかな活動をしてきました。

その活動を本格化させていったのがこの夏以降、その中でatamistaさんのブログを発見し、1度、色々と意見交換等できればなぁとずっと考えていました、、(atamistaさんのお友達とは都内で開かれたパーティで、熱海市のある市会議員の方を通してお知り合いになったのですが、atamistaさんのお話をしたところ、atamistaさんとご友人ということでした、、)。

atamistaさんは「一新塾」で学ばれているようで、僕の地元にはとかしきなおみさん(当時は区議会議員)という「一新塾」出身の方が取り組まれた「沖縄タウン」という商店街がありますが、僕はその立ち上げの時期に手伝っていたこともあり、atamistaさんは、まちづくりにとても積極的な方ではないかな、という印象を持っていたりします、、。

時間が経ったしまったせいで要因が複合的ですが、これからの熱海での取り組みに対して、atamistaさんと、メールや、あるいはお会いしたり、何か意見交換等のやりとりができないものかと願っています、、。

もしよろしければ、ご検討の程、どうかよろしくお願い致します、、。

僕は父がサンホテルの会員ということもあって、熱海には幼い頃からたくさん訪れているのですが、これまで観光客として関わってきたのと違い、まちづくりとして携わると、しばしば地域の内情が見え隠れして、愕然とすることがあります、、。


夫 徳 柱  06.11.5(日)
――――――――――――――――――――――――――――
■ フ=トクチュウ事務所
  夫 徳 柱(Boo Duk Joo)
Address:〒166-0002  東京都杉並区高円寺北 2-19-11
              夫賢寿一級建築士事務所ビル2F
Tel&Fax:03-3336-5353 E-Mail:dukjoo@h9.dion.ne.jp
――――――――――――――――――――――――――――










trackback
url:http://blog.atamista.com/trackback/178216

google analytics