<< Atami-navi に込める想い | main | 「市民による熱海再生」というミッション 〜一新塾メールマガジン掲載記事〜 >>

「観光戦略会議」に込めた想い 〜委員落選〜

以前、「観光戦略会議」委員に応募した、という記事を書きました。

結果は1次で落選。ということで、この観光戦略会議応募ということを振り返って一言。


■観光戦略会議に込めた想い
観光戦略会議がどのようなものになるのか、今はまだわからない。
しかし、個人的な想いとしてはこの観光戦略会議が、戦略だけでなく、ビジョンを議論する場になっていってほしいと思っている。

ビジョンとそれに至る戦略を描き、多くの人に理解と共有を得ること、そして、具体的な施策は上から押し付けるのではなく、下から施策が湧き起ってくる環境をつくること。ビジョンに共鳴した一人一人がなにかをやりたいと思ったときに、動きやすい環境をつくること。

観光戦略会議というものの位置づけに関して、あまり情報を持っていない中で、私自身が感じたのはこのようなことだ。
表現したいことが伝えられたのかわからないが、委員の応募資料にはまず自分なりの長期的なビジョンを書いたつもりだ。



■熱海を想い委員に応募したみなさんへ
1次審査を通った方も通らなかった方も、今回これをきっかけに熱海について改めて考えてみたことが財産だとも思います。
それぞれの方々がいろんな想いを持って、応募されたのだと思います。私同様落選してしまった方々も、せっかくですから、その火を消さずに想いを共有してみませんか?

熱海まちづくり研究会.の場で、共有できたらと思っています。
話に興味を持った方がいらっしゃれば、メールにて、ご連絡ください。

at 12:08, 市来 広一郎, 活動・プロジェクト

comments(2), trackbacks(1), pookmark



comment
dukjoo ふ, 2007/04/10 4:58 AM


本当に、その通りですね、、。気付きませんでした。せっかくですから、このままではと思います。大切なことだと思います、、。
 

atamista, 2007/04/12 12:33 AM

応募資料は要約してすべて、市役所HPに公開されることになるそうですね。

でも、せっかくですから、応募した方々を何かしらつないでいきたいものです。










trackback
url:http://blog.atamista.com/trackback/304488
キッザニア情報局, 2007/04/11 11:57 AM

キッザニア東京の予約はJTBでもできます。キッザニア東京のJTB予約はこちらを参照してください↓↓↓キッザニア東京のJTB予約


google analytics