<< 静岡座談会@SHIBUYA | main | 小嵐中でのパソコン教室 >>

映画「紀子の食卓」

映画「紀子の食卓」

自殺サークル、レンタル家族、・・・とても現代的な映画。
「あなたはあなたと関係していますか?」
というセリフ。
虚構とリアリティ。自分の存在もよくわからなくなる。

最初から最後まで、感情とも言えぬ感情が止めどなく流れていて、ただ画面に映るものを受け入れるしかなかった。

いままでに見たこともないような、衝撃的な映画だった。

なぜか、この映画は登場人物のひとりひとりが、奇妙なほど美しく見えた。




以前に「HAZARD」を見て園子温監督を気に入ってしまったが、この監督がテレビドラマ「時効警察」でも何作か脚本を書いてたとは知らなかった。時効警察はひさびさに気に入って見ていたドラマだったが。









at 01:52, 市来 広一郎, 旅・音楽・映画・禅・サッカー

comments(0), trackbacks(0), pookmark



comment









trackback
url:http://blog.atamista.com/trackback/385948

google analytics