11/28 熱海ツアー、12/1 渋谷で「熱海と東京2拠点ライフ」ぶっちゃけトーク開催

イベントのお知らせです。
11月28日には熱海、guest house MARUYAで、12月1日には東京・渋谷で熱海イベントを開催です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.11月28日(土)
11月28日 熱海を深く知るツアー!mass×mass熱海ツアー開催! 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
11月28日〜29日、guest house MARUYAに泊まりながら、
guest house MARUYAに宿泊し、ディープな熱海をめぐり、熱海のつかいかたを考えるツアーを開催します。

昼も夜もディープな熱海を楽しんでいただきながら、熱海のまちづくりの現場に触れていただくツアーです。
横浜のシェアオフィス、mass×massさんとのコラボ開催。横浜からの熱海のつかいかたも考えたりもします。

ディープな熱海発見「まちあるき」、熱海の日帰り温泉を満喫、トークイベント【横浜から熱海の使い方を発見する!】、交流会などを行います。

詳細・お申込みはこちらから
http://massmass.jp/event_and_school/atami_tour112829/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.12月1日(火)開催
 【渋谷で開催】熱海と東京2拠点ライフ、ぶっちゃけトーク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
12月1日、渋谷で熱海と東京の2拠点暮らしと地方での仕事づくりを考えるイベントが開催されます。熱海と東京の2拠点暮らし、そして、熱海への移住、熱海での起業、こんなことに興味のある方、このイベントへご参加ください。
東京と熱海の2拠点暮らしをする方々とトークセッションします。
コワーキングスペースco-baを全国に展開するなどこれからの時代の場づくりを行っているツクルバさんとコラボで開催。ツクルバ中村さんのトークもあります。東京、渋谷のco-baでの開催です。

こちら、熱海の創業支援事業の一環で熱海商工会議所の主催で行われます。

【渋谷で開催】熱海と東京2拠点ライフ、ぶっちゃけトーク
2015年12月1日(火曜日) 
19:30〜 開場 
会場:co-ba shibuya 6F library

詳細やお申込みはこちらから。
http://www.atamicci.or.jp/atami_job/index.html

at 21:16, 市来 広一郎, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark



11/28 熱海ツアー、12/1 渋谷で「熱海と東京2拠点ライフ」ぶっちゃけトーク開催

イベントのお知らせです。
11月28日には熱海、guest house MARUYAで、12月1日には東京・渋谷で熱海イベントを開催です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.11月28日(土)
11月28日 熱海を深く知るツアー!mass×mass熱海ツアー開催! 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
11月28日〜29日、guest house MARUYAに泊まりながら、
guest house MARUYAに宿泊し、ディープな熱海をめぐり、熱海のつかいかたを考えるツアーを開催します。

昼も夜もディープな熱海を楽しんでいただきながら、熱海のまちづくりの現場に触れていただくツアーです。
横浜のシェアオフィス、mass×massさんとのコラボ開催。横浜からの熱海のつかいかたも考えたりもします。

ディープな熱海発見「まちあるき」、熱海の日帰り温泉を満喫、トークイベント【横浜から熱海の使い方を発見する!】、交流会などを行います。

詳細・お申込みはこちらから
http://massmass.jp/event_and_school/atami_tour112829/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.12月1日(火)開催
 【渋谷で開催】熱海と東京2拠点ライフ、ぶっちゃけトーク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
12月1日、渋谷で熱海と東京の2拠点暮らしと地方での仕事づくりを考えるイベントが開催されます。熱海と東京の2拠点暮らし、そして、熱海への移住、熱海での起業、こんなことに興味のある方、このイベントへご参加ください。
東京と熱海の2拠点暮らしをする方々とトークセッションします。
コワーキングスペースco-baを全国に展開するなどこれからの時代の場づくりを行っているツクルバさんとコラボで開催。ツクルバ中村さんのトークもあります。東京、渋谷のco-baでの開催です。

こちら、熱海の創業支援事業の一環で熱海商工会議所の主催で行われます。

【渋谷で開催】熱海と東京2拠点ライフ、ぶっちゃけトーク
2015年12月1日(火曜日) 
19:30〜 開場 
会場:co-ba shibuya 6F library

詳細やお申込みはこちらから。
http://www.atamicci.or.jp/atami_job/index.html

at 21:16, 市来 広一郎, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark



自分の暮らしを大切にする

この記事を読んだ。

みんなで持ち寄って、暮らす。アーバンパーマカルチャー最前線、“ギフト”で成り立つシェアハウス「ウェル洋光台」
http://greenz.jp/2015/11/17/well_yokodai/

ウェル洋光台を訪れたのは8年前。たしか、僕らの掲げる「100年後も豊かな暮らしができるまちをつくる」というコンセプトを初めて人に伝えたのはこのウェル洋光台で、だったと思う。

そのウェル洋光台がこんな風に違う次元に進化している。これはとても嬉しいし、また訪れてみたいなって思う。

8年前、一新塾に入っての2年目は、「新しい暮らしをつくる」というこの戸谷さんのチームに参加。シェアハウスというものを知ったのもこのときだった

そんな仲間がこうして、いま暮らしの新しいあり方をつくり続けていることにとても刺激を受けた。

戸谷さんはあのときから等身大だった。

100年後も豊かな暮らしを、と言いつつ、自分や家族、スタッフのみんなの暮らしはどうなんだろうか?と、この1ヶ月くらい自問し続けてきた。

そして、この一週間、熱海を離れて過ごして、ひさびさに一人旅もして、気づいたことがたくさんあった。


もう自分を、自分たちの暮らしを、犠牲にするのはやめよう。

僕は家族や、仲間たちの暮らしを大切にしたい。

だから、自分や家族と自分たちの暮らしをつくることに時間をつくろうと思う。

自分の等身大の暮らしを変えていきたい。

自分たちの暮らしは自分たちでつくる。自分も実践しなきゃ、嘘だよね。

これからは、自分たちの暮らしをつくっていくことに真剣に向き合っていきたいと思う。

それが、自分たちの街を自分たちでつくることにつながる。

僕は仕事が好きだし、熱海のことばかり考えてしまう。でも、それだけじゃなく、これからは自分の求める暮らしをつくっていくことも大事にしていきたい。



at 06:59, 市来 広一郎, エッセイ・雑記

comments(0), trackbacks(0), pookmark



熱海での仕事づくり〜熱海市創業支援事業が始まります〜

創業支援(スタートアップ支援)というものを、これまでに受けてきました。
一新塾の社会起業コース、ETIC.のソーシャル・ベンチャー・スタートアップ・マーケットや、ETIC.のSUSANOO、そして、エリアイノベーターズ養成ブートキャンプなどなど(なんだか難しい名前ばかりですね)・・・こうした場がなければいまの僕、そして僕らの事業はない、と言えるほど、密度の濃いものばかりでした。

けれど、こうした場をつうじて僕が感じてきたこと。それは、結局はそういったプログラムがあるなしにかかわらず、やる人はやる(やらない人はやらない)ということ。でも、こういうプログラムがあることで、より市場に対して、社会に対して、より効果的で意味のあることを短期間でできるようになることができる、ということです。

いよいよ熱海市の創業支援事業がスタートします。僕もその連絡会の一員という立場で関わっています。(特に事業を受託したりはしてません)

明日、創業支援事業キックオフセミナーが行われますが、ぜひこの場で「学べてよかった」「行政はもっとこうしたらいい」という態度ではなく、「自分はここで創業するために何をすべきか」あるいは「自分はこれから何をしていけばよいのか?」「この事業に自分だったら何ができるのか?どう貢献できるのか?」という視点で参加する人が一人でも多く生まれる場となったらいいなと思っています。

これまで僕らが熱海で出会ってきた何人かの方々の中にはフリーランスとして独立したり、会社を起業したりした方もいます。リノベーションスクールからも新たな事業が誕生しました。そしてこの数年で熱海ともともとはあまり縁がなくても熱海でお店を始める方も増えてきました。この事業がこの小さな動きを大きな流れとしていくための後押しとなっていったら。

これから始まることは、試行錯誤しながらになると思いますが、地域にとって価値のある産業を起こすことにつなげていくかどうかが勝負です。具体的には・・・
・単に創業があること(会社が生まれること)ではなく、3年、5年、10年と継続する事業を生み出すこと
・個別支援を行うことだけでなく、事業が次々と生まれる生態系を生み出すこと。つまり、事業が起こしやすい環境、継続できる環境ができること
・生まれた事業が地域の資源を狩るものではなく、地域を耕すものになること(=地域課題の解決につながること)

そしてそのためには、この事業が単なる行政だけの施策で終わらせてはいけないと思っています。僕には、これまで僕自身が創業して事業を行ってきた経験、創業支援を受けてきた経験、また、まちづくりという分野で実践してきた経験、そして、それらにより培ってきたネットワークがあります。これらを活かして、この創業支援事業がよりよいプログラムとなるよう力を尽くしていきたいと思います。

大切なことは、自分たちの暮らしは自分たちでつくる、自分たちのまちは自分たちでつくる、そして「自分たちの仕事も自分たちでつくる」こと。

なにも、自分が起業しなくても、自分の持っているものを少しずつ与えるだけでもいい。
行政、民間企業、NPO、大学等の垣根を超えて、でもそれぞれの持っているものを持ち寄り、新たな仕事がこの街に生まれ育つための取組みに参加してほしいなと思っています。

創業する人も創業を応援する人も
「自分に対して何をしてくれるのか」ではなく、
「自分は自分たちのまちを面白くするために、自分たちの暮らしがちょっとでも豊かになるために自分に何ができるのか」

そんな姿勢で関わる人が増えたらきっとこの事業は面白くなる!と。

僕は今後のこの事業の展開を、とても楽しみにしています。おそらく、他のどこにもないようなものが生まれると、期待しています。そしてそのために力を尽くしたいと思います。

明日のセミナーは、まず「事業が次々と生まれ育つ環境をつくるために私たちに何ができるのか?」ということを地域の人たちが考える、という意味付けのセミナーでもあります。

詳しいプログラムはまだ発表されていないと思いますので(というかまだ検討中なところも多々あり)、少しお待ちを。今後を楽しみにしていてください。

MARUYA


at 10:30, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark



guest house MARUYA オープン

 昨日、ようやく9月18日、guest house MARUYAをオープンしました。

MARUYA オープン

■許認可の関係で、6月末のオープンの予定が遅れに遅れてしまいました。
また、9月18日からの予約を受け付けていたものの、営業許可が当日に出るという状況でオープンのお知らせがなかなかできずにいました。

いまはオープンできたことが嬉しいです。ここまでを支えてくださった皆さん、本当にありがとうございました。
嬉しいことに、このシルバーウィークは、はたくさんのゲストが来てくださるので、しっかりと準備をしてお迎えしたいと思います。

■guest house MARUYAは、昨日よりプレオープンで、11月の上旬に1週間程度のお休みをいただいて追加の改修工事をした後、グランドオープンする予定です。
プレオープンに関してのイベントはありませんが、グランドオープン時にオープニングパーティを行いたいと思っています。

これから、まだ手のつけられていない一部の部屋の内装、MARUYAのHPのリニューアルオープン、まち歩きなどのまちのソフト・コンテンツの開始(あたみのつかいかたTRIP)、プレオープンの期間中は徐々にMARUYAができあがっていくと思います。

■いまのところ、ご予約はこちらで受け付けています。
http://atami-maruya.net/booking
guest house MARUYAに泊まりに来ていただけたら、嬉しいです。


■ここまで本当にたくさんのお力があってこそ、オープンすることができました。

DIYに参加してくれた皆さん、ビルオーナーである小倉さん、熱海銀座商店街の皆さん、出資をしてくれた16名の株主の皆さん、この融資を実行してくれた三島信用金庫さんと日本政策金融公庫さんとその実現をサポートしていただいた熱海商工会議所の皆さん、クラウドファンディングで支援してくださった201名の皆さん。そしていつも力を貸してくださる熱海市観光協会の皆さん。行政協議を担ってくださった、らいおん建築事務所さん、設計・DIY施工を一緒になってしてくれた中田製作所とHandiHouseProjectの皆さん、そして、私達の無理難題を何の文句も言わずに常になんとかしてくださった大館建設さんと、平和エアテックさん、森岡電気さんをはじめとした業者の皆様。難しい中でも柔軟な対応をしてくださった保健所、消防、静岡県熱海土木事務所の皆さん。
リノベーションスクールの開催およびその熱海市、そして静岡県。そしてリノベスクール開催のきっかけになったリノベシンポジウムを開催してくださったHEAD研究会の皆さん。そしてmachimoriの立ち上げのきっかけとなったブートキャンプ以来ここまでご指導いただいた清水義次さん、木下斉さん、岡崎正信さん。
熱海や東京、横浜などから僕らの活動に参画して力を貸してくれる皆さん。丸屋ビルでの展示会に参加してくれたアーティストの皆さん。
新しいメンバーも加わった役員、この新しい事業を生み出す中で、各事業でがんばってくれたCAFE RoCA、そしてatamistaのスタッフ、そしてこれまでに関わってくれたインターンのみんな。そして、いつも支え続けてくれている家族。

このプロジェクトに関わった人の数は数えきれないほど多くの人々です。
こうした人々の想いを載せたこのguest house MARUYAを成功させていきたいと思います。
これからもよろしくお願いします!

at 09:05, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark




google analytics