【募集情報】地域イノベーター養成アカデミー 7/15キックオフ

熱海も参加します。
地域イノベーター養成アカデミー。

−−−−−−−−−−−−−−ーー

★いつかは地域で仕事をしたい!
★地域で新たなビジネスを起こす!
そんな人が参画できる地域実践型プログラム
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
★地域イノベーター養成アカデミー
★地域イノベータープログラム
  ─────────────────
全国から20地域の仕掛け人が集まる、
募集イベントを2日連続(7/14-15)で開催!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
主催:NPO法人ETIC. http://www.etic.jp/

「いつかは地元に帰って起業したい」
「地域を活性化し、日本全国をもっと元気にしたい」
このような声を、近年よく聞くようになりました。この度、NPO法人ETIC.は、そんな
あなたのニーズに合った二つのプログラムを提案。受け入れ先の地域プロデューサー
から、地域での取り組みをじっくり聞くイベントを開催します。

(1)東京にいながら短期間で地域活性化の
手法を学びたい方向け
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
地域イノベーター養成アカデミー
キックオフイベント(7/15@東京・溜池山王)
http://academy.etic.or.jp/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

○地域イノベーター養成アカデミーは、3年以内には地域や地元に戻り、地域を盛り上げる仕事をしたいと考えている若手社会人を対象とした、短期集中実践型プログラムです。

○2回のフィールドワークと、その間に行われる集合研修とで構成され、今回は16地域のフィールドワーク先を用意しております。

★イベント概要
◇日時:2012年7月15日(日)13:00〜19:30
◇会場:日本財団(港区赤坂1-2-2)
◇参加費:無料
◇定 員:200名(事前登録制)
→詳細・申込はこちら http://bit.ly/KMkkjS
→Facebookページ   http://on.fb.me/LBe5JQ

(2)8か月間のプログラム終了後すぐ地域での
起業や転職ができる経験を積みたい方向け
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
地域イノベータープログラム
マッチングフェア(7/14@東京・渋谷)
http://community_innovators.etic.or.jp/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

○地域イノベータープログラムは、期間限定で地域に移住し、地域プロデューサーの下
での新規事業立ち上げを通じて、地域変革に必要不可欠な起業家精神や実務スキルを身につけるプログラムです。

○期間中で2回の合宿形式のリーダーシップ研修を実施。現場で成果を挙げるために必要なスキル・マインドを身につけると共に、全国から集まった仲間と切磋琢磨します。

○地域のイノベーションに挑んできた気鋭の先輩起業家、地域プロデューサーがアドバイザーとして、経験や知識を伝授します。

○プログラム修了後もプログラム・アドバイザーやETIC.およびETIC.の地域パートナーなどが、事業・プロジェクト立ち上げ支援や、地域での就職など、キャリア支援を継続的に行っていきます。

★イベント概要
◇日時:2012年7月14日(土)13:30〜18:00
◇会場:NPO法人ETIC.セミナールーム
◇参加費:無料
◇定 員:50名(事前登録制)
→詳細・申込はこちら  http://bit.ly/r3DBcl
→Facebookページ   http://on.fb.me/KRHnc7

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

at 16:52, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark



地域イノベーター養成アカデミー(ETIC.)開催のお知らせ

昨年に引き続きNPO法人ETIC.主催で以下のように地域イノベーター養成アカデミーが開催されます。

昨年は私たちNPO法人atamistaも参加しました。今年は熱海は参加していませんが、面白い地域がたくさん!ぜひ参加してみてください。


【7月16日(土)】 3年以内に地域に戻り密着型事業を行いたいと思っている人へ、東京で講義・ワークショップを通して、地域でのビジネスの考え方などを体感していくプログラム「地域イノベーター養成アカデミー」http://bit.ly/j6xgJl

 ----------------------------------------------------------------------
              2011年7月16日(土)13:00〜 @東京・赤坂
        主催:NPO法人ETIC./プログラム・パートナー:日本財団
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ★現在の会社に勤めながらも、少しずつ「地域」へUIターンする
  準備を進めたい方へ

  ⇒ 週末や平日夜を活用して取り組める、
    約6ヵ月間の「短期集中」プログラムを用意!

 ★地域で働くことのイメージがあまり湧かないため、
  実際に地域へ飛び込むことにためらわれている方

  ⇒ 先ずは、今回のオープニングゼミで、新たな仕事を創ろう
    と挑戦中の10名の話を聞いてみましょう!

 ★地域での仕事をつくる上での、必要な技術や心構えは何なのかを
  知りたい方

  ⇒ 厳選された10地域でのフィールドワークに加えて、
    地域にあるネタを仕事にしていく為のワークショップや
    セミナーも充実!

 この度、そんなアカデミーの記念すべき、オープニングゼミを実施します。

 -------------------------------------------------------------------

 ■オープニングゼミで登壇するのはこんな方

  未曾有の大地震を受け、多くの方々の「地域感」が変わってきています。
  愛着のある地域で暮らしたい、大切に思っている地域を守りたい、
  そんな自分が本当に過ごしたいと思っている地域で仕事ができたらいい
  のに、、、、そう思う人は少なくないのではないでしょうか。

  地域には、そんな思いを実現し、地域を愛し、イキイキと仕事をしてい
  る方が実はたくさんいます。

  このイベントでは、そんな皆さんの少し先輩として、すでに地域の中で
  自分のやりたいこと、実現したいことを実現している下記10名の方に、
  地域とご自身に関する「生の思い」を語っていただき、かつ、フィール
  ドワーク受入の募集をしていただきます。


続きを読む >>

at 17:15, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark



本日からイタリアへ

 今日から2週間、休暇をとり、イタリアへ行ってきます。
5月31日に帰国します。
JUGEMテーマ:旅行
1週間以上休むのは、何年ぶりだろうか。

イタリアの熱海と似たようなまちをいくつも回ってきます。

at 07:52, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark



有給スタッフ募集!【詳細】 


現在、全国各地で地域経済やコミュニティの衰退、人口減少、少子・高齢化が進むなどこの国の地域社会は多くの課題を抱えています。私たちが地域づくりに取り組んでいる、ここ静岡県熱海市では30年以上前から人口減少、観光客の減少が続いています。

熱海市では恵まれた自然環境や豊富な地域資源ら若い世代の観光客の増加、シニア世代の流入などもあり新住民や別荘所有者の増加などとプラスの面もありますが、一方で少子化の流れは止まるどころか一段と速度を増しています。この人口4万人のまちに1年に生まれる子どもの数は200人足らずと周辺の他の地域に比べても非常に少ないのが現状です。

このまちに生まれた一人として、この現状をどうにかしたいと思い、私自身は4年前に東京で働いていた会社をやめ、この問題に取り組むため熱海にUターンして帰り、ゼロから活動を始めました。

そのような中で私たちNPO法人atamistaは、熱海温泉玉手箱(オンたま)の活動などを通して、熱海市や観光協会、そして多くの事業者、市民の方々と連携しながら、地域ならではの資源を掘り出し、磨き上げることに取り組んできました。

熱海には教育、子育てなどのコミュニティサービスが非常に弱く、住民ニーズに応えた事業、地域の課題を解決するような事業は十分にはありません。
この熱海で地域の課題解決、住民ニーズに応えた事業や、その担い手を育成していくか?それが大きな課題です。

そのような中で私たちは、住環境の未熟さや、起業のしずらさこそが、この地域の大きな課題ではないかと考えています。リーズナブルで住みやすい住宅。新規事業者にとって、低リスクでチャレンジができる環境。
それが地域に暮らしやすい環境や、そのためのサービスを担う人財を育成していくこと。
熱海に存在している膨大な遊休不動産(空き家、空き店舗)不動産を活用して、住民にとって住みやすい、事業者にとってチャレンジしがいのある環境をつくることを目指しています。

地域に事業を育て、人財を育成していくことは一朝一夕にできることではありません。
だからこそ、私たちはこのような取り組みを持続可能な取り組みとし、自立して継続して地域づくりができる仕組みをつくりあげていきたいと思っています。
そのために、地域の課題、ニーズに関する基礎的な調査、そしてビジネスモデルの実証実験を行っていきます。

そこでNPO法人atamistaでは、この持続可能な地域づくりの仕組みをつくるために一緒に取り組んでくださる仲間を、スタッフとして募集いたします。

地域で、熱海でチャレンジしたい方、ぜひ以下、詳細をご覧ください。

 

==========以下、募集告知文です!============

           ● 募集内容 ●


【職  種】遊休不動産を活用したコミュニティビジネス振興に関する
      調査および実証実験 業務

【採用人数】2名


続きを読む >>

at 17:35, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark



NPO法人atamistaにて有給スタッフ募集!

現在、atamistaでは、共に事業に取り組むスタッフを募集しています! 

遊休不動産を活用したコミュニティビジネス振興に関する事業です。


求人の詳しい情報はまた後ほど発信します。

at 13:47, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark



義援金 募金箱50個以上まもなく完成

 
熱海市内で各所で義援金の募金が始まっています。
市内のお店等の店頭で募金をしたいというお店も続々と現れている中、私たちも熱海市観光協会と一緒に募金箱をつくっています。

50個以上の募金箱が今日には完成します。

ほぼすべて募金箱の配布先は決まっているのですが、
熱海市観光協会で、明日から配布を開始予定で、ゴールデンウィーク明けに一度回収します。
数個は余りがあると思いますので、お店に募金箱を置きたいという熱海市内の方は、ご連絡ください。

この募金で集まった募金は、

熱海市観光協会にて集金、熱海市観光協会HP(あたみニュース http://www.ataminews.gr.jp/ )上で金額を公表の上、

日本財団 CANPANプロジェクト 東北地方太平洋沖地震支援基金

に寄付します。




募金以外の、熱海での被災者受入、物資支援などの動きも続々と情報が入ってきていますので、またお伝えします。



at 09:06, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(1), trackbacks(1), pookmark



義援金の募金の寄付を行ってきました

先日12日、13日に行った熱海駅前での募金活動で集まった募金。
本日、熱海市福祉事務所に行き、福祉事務所長に集まった募金をお渡しし、また銀行に行き、日本財団への義援金募金への振込を行いました。

1日目の募金の金額に52円分の誤りがあったため、また本日(3/17)、3,500円の募金があったため、最終的な合計金額523,261円となりました。


最終的な金額は以下の通りとなりました。
’海市を通して日本赤十字社に寄付
 259,854円

日本財団 CANPANプロジェクト 東北地方太平洋沖地震支援基金に寄付
 263,407円

合計 523,261


活動に参加いただいた皆様、募金にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
今後も、形を変えて募金活動を行っていくとともに熱海での被災者等の受け入れなどが進むよう、活動をしていければと思っています。







at 11:29, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark



東日本大震災、募金活動開始の経緯

他の地域や今後の参考になるかと思い、記録をまとめておきます。

3月11日 

地震発生後、伊豆市のNPOサプライズとの打合せをしている中で、NPOサプライズの飯倉さんなどと「自分たちに何かできることはないか」という話に。

3月12日 
10時頃、
atamista、里庭、オンたまパートナー、オンたまファンクラブの皆様にatamistaとして義援金等の活動を行っていきたい旨をメールにて表明。

10時半頃
atamista二見理事より電話連絡。「すぐに(11時から)募金活動を開始しよう」があり、合意。以下、二人で動き出す。

すぐにatamista、里庭、オンたまパートナー、オンたまファンクラブの皆様に募金活動開始についてメール。

twitterにて警察、市役所、JR等の了承を得る必要あり、とのアドバイスをいただく。

11時頃
警察、市役所に連絡。

熱海駅前で行うため、熱海警察署へ道路使用、熱海市観光施設課へ施設使用許可を申請。

11時45分頃、
熱海警察署、熱海市から許可がでる。(場所、使用時間、人数等を伝える)
twitter、メールを見た方が続々と参加表明。

12時 
3名で募金活動開始。すぐに5〜6人に。(最終的に12日は16人、13日は21人に)

16時
「本当に被災地への募金か」との不信感を持たれたりと多少のトラブルもありながらも、無事1日目の募金活動完了。

16時以降、
募金額の集計と翌日、翌日以降に向けた反省会と作戦会議を行い、17時半頃、活動完了。



at 08:40, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark



被災地への募金、50万円以上集まりました(募金活動の結果報告)

東日本大震災の被災地への募金活動を行い、50万円を超える募金と、80以上のメッセージが集まりました。

活動に参加していただいた皆様、募金、メッセージをお寄せいただいた皆様、本当にありがとうございました。



以下、結果のご報告です。


 ■募金活動の結果報告
・実施日
 3月12日(土) 12:00〜16:00
 3月13日(日) 10:00〜13:00
・場所
 熱海駅前

・募金額
1日目: 188,064円 188,116
2日目: 331,645円(329人)
2日間合計: 519,709円 51,761円
※1日目の金額に誤りがありましたので、修正します。(3月17日)
応援メッセージも80名以上の方々から集まりました。 メッセージはまた改めてご紹介したいと思います。
■募金活動参加者:29名  32名
・1日目(16名)
・2日目(21名 24名)
以上、敬称略。

■募金活動の支援をしていただいた皆様
・中島水産 中島様 栄養ドリンク20本 寄付
・味よしや 森様 お弁当14個 寄付
・カフェプランタン 藤曲様 ドリンク 11人分 寄付
・カフェキチのスタッフの方 使い捨てカイロ1パック寄付
・通りがかりのおばあさん アメを15個ほど寄付
・活動に関わった熱海有志の皆さん お互いの飲み物や、模造紙、ペン等の購入
活動への支援、ありがとうございました。

・熱海警察署 道路使用許可
・熱海市 施設使用許可
募金活動の実施に対して迅速な許可をいただき、ありがとうございました。
■募金で集まったお金の募金先

現在、‘本財団か熱海市を通して日本赤十字か、どちらかで寄付を行う予定です。
■今日以降の活動について
今日から停電になるということで、熱海内でも相当な混乱も予想され、私たち自
身の生活にも相当程度影響がでると思います。
しかし、継続して何らかの被災地支援の活動についても続けていければと思って
います。

現在のところ、明日以降は、
・募金箱を市内各所に設置の方向で、熱海市、熱海市観光協会NPO法人エイミック、市議会議員の皆さん等と検討を進めて行きたいと思っています。その他の団体にも呼びかけて、熱
海で一丸となって進めていければと思います。

・上記のことを進めつつ、上記団体等と物資の支援、被災者受け入れについて
も、全国的な地域づくりのネットワークとの情報交換を行いながら、主にこうした震災への支援活動において、十分な知識、経験を持っている方々からの情報を得ながら、活動を行っていきたいと思っています。





at 07:44, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark



地震の被害に対して、私たちにできることは

 
昨日の東北地方太平洋沖地震、映像を見ていなかった段階ではこれほどまでの状況だとは想像できませんでした。

被害者の皆様には心からお見舞い申し上げると共に、私も地域づくりに関わる人間として、何ができるのか、考えていきたいと思います。


アメリカの報道写真サイトに上がっている、今回の地震に関連する写真です。
被害に合われた方々にとっては見たくないものかもしれませんが、遠くから見ている我々にとっては現実を教えてくれる貴重な写真です。


世界からも復興への応援メッセージが続々と届いているようです。

【今、わたしたちにできること】

■復興に向けての地震支援基金への募金
CANPAN 東北地方太平洋沖地震支援基金

Yahoo!基金 緊急災害募金

復興に向けては資金が非常に重要になると思います。
行政だけに頼っていては十分な支援とはなりません。
私も募金しました。皆さんもぜひ募金をしましょう。

■支援物資を送る場合は、被災地へではなく、最寄の地域へ
支援物資を地域へ直接送っても混乱を助長してしまうだけのようです。
物資は、最寄りの地域へお送りすべきのようです。


【これから私たちにできること】
私の知っている方も東北で被害を受けてしまいました。
熱海市でも津波に備えて、行政の方々も待機をしていたり、熱海や東京の知り合いの方々は帰宅できずにいた方もたくさんいましたし、また自企業を宿泊に開放した方もいらっしゃいます。また全国各地で今回の被災に対して対策をとっていることと思います。

被災されてしまった方はもちろんのこと、それ以外にも多くの方がご苦労されていることと思います。

このまま何もしないでいることなどできません。私も地域づくりに取り組む一人の人間として、何ができるのか考え、行動していきたいと思います。

よいアイデアをお持ちの方、また何か行動を起こされてようとしている方、情報をお教えください。またご協力いただける方、ご連絡ください。
 



at 08:59, 市来 広一郎, ニュース・お知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark




google analytics